ニュース

あのインモラル映画の続編『ムカデ人間2』、R18+で日本公開&公開劇場が決定

公開されると同時にその衝撃的な内容が話題になり、異例のロングランヒットを遂げた問題作『ムカデ人間』の続編映画『ムカデ人間2』の日本公開が決定した。

昨年日本で公開された『ムカデ人間』は、人間の口と肛門をつなぎ合わせた「ムカデ人間」を創り上げるという欲望を抱えたマッド医師が、偶然に迷い込んできた人々を魔の手にかけていくという作品。その不道徳な内容から本国のオランダやアメリカでは、公開直後から「伝説のカルトムービー」と呼び声があがっていた。

待望の続編となる『ムカデ人間2』は、前作を上回る過激な内容から、映倫からオリジナルプリントのままでは国内上映禁止という判断が下されていたが、修正を加えたところ18歳未満鑑賞禁止での公開許可が下りたという。

さらに前作の上映館は「過激すぎて上映できない」と上映を拒否。しかし、東京・新宿武蔵野館が勇敢にも名乗りを上げたことから無事に上映館も決定したとのこと。なお、同館の担当者は「確かに前作を上回る過激な内容ですし、公開に当たって様々なリスクが伴うかもしれませんが、続編を待ち望む人々の声に応えたいと思い、当館での上映を決めました」とコメントしている。

なお、監督のトム・シックスは「素晴らしいニュースだ!!!! ついに日本のファンたちが、ネクストレベルの『ムカデ人間』ショーを体験できる時が来た! 他のあらゆる映画館が上映を断ったにも関わらず、新宿武蔵野館だけは『ムカデ人間2』を上映する度胸を持っていてくれて、とってもとってもハッピーです! 彼らの100メガトンの度胸を、とても誇りに思います! シートベルトをしっかり締めて、『ムカデ人間2』のライドを楽しんで!」と上映決定について熱く語っている。

『ムカデ人間2』

2012年夏から新宿武蔵野館でレイトショー公開
監督・脚本:トム・シックス
音楽:ジェームス・エドワード・バーカー
出演:
アシュリン・イェニー
ローレンス・R・ハーヴェイ
マディ・ブラック
ドミニク・ボレリ
配給:トランスフォーマー

(画像:監督のトム・シックス)

監督のトム・シックス
監督のトム・シックス
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く