ニュース

タイポグラフィ&フォント情報誌『TYPOGRAPHY』創刊、付録はモリサワ使用の原図用紙

国内外のタイポグラフィやフォント情報を紹介する雑誌『TYPOGRAPHY』が、5月に創刊される。

年2回の刊行を予定している同誌は、プロのデザイナーから文字に興味のある一般読者までを対象に、文字を楽しむことを目的に創刊。第1号の特集記事『フォントをつくろう!』では、手書き文字を簡単にフォント化する方法からプロが使う本文書体を作る方法まで、フォントの作り方を書体デザイナーの小林章、鳥海修、加藤雅士が紹介する。フォントの売買方法や探し方の情報なども掲載される。

また、連載記事の執筆者には、小林章、ヤマダコウスケ、渡部千春、akira1975らが名を連ねている。なお、付録としてモリサワがフォントデザインで使用している原図用紙が付属する。

『TYPOGRAPHY 01 フォントをつくろう!』

2012年5月発売
編集:グラフィック社編集部
価格:2,100円(税込)
発行:グラフィック社

amazonで購入する

(画像:『TYPOGRAPHY 01 フォントをつくろう!』表紙)

『TYPOGRAPHY 01 フォントをつくろう!』表紙
『TYPOGRAPHY 01 フォントをつくろう!』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)