ニュース

2人体制の新生School of Seven Bellsが来日、ゲストにAmetsub、tickles

School of Seven Bellsの来日ツアーが6月からスタートする。

シューゲイザーやアンビエント、エレクトロニカなどを昇華した1980年代テイスト溢れるサウンドを展開する同バンドは2007年に4人組としてデビュー。2008年に行われた東京・代官山のUNITのカウントダウンイベントで初来日し、翌年には『SUMMER SONIC 09』にも出演を果たした。現在はメンバーの脱退を経て、ベンジャミン・カーティスとアレハンドラ・デヘーザの2人組として活動。今年2月には少女と幽霊の物語をコンセプトに制作された3rdアルバム『Ghostory』をリリースした。

東京と大阪の計3会場を巡る今回のツアーでは、サポートミュージシャンを加えた4人編成でライブを披露。なお、6月12日の東京・渋谷O-WEST公演にはAmetsub、6月14日の東京・新代田FEVER公演にはticklesが出演する。チケットは現在発売中。


contrarede presents
『SCHOOL OF SEVEN BELLS Japan tour 2012』

2012年6月12日(火)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 渋谷 O-WEST
出演:
School of Seven Bells
Ametsub
料金:前売4,700円 当日5,200円(共にドリンク別)

2012年6月13日(水)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:School of Seven Bells
料金:前売4,700円 当日5,200円(共にドリンク別)

2012年6月14日(木)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:
School of Seven Bells
tickles
料金:前売4,700円 当日5,200円(共にドリンク別)

(画像上:School of Seven Bells、画像中:Ametsub、画像下:tickles)

School of Seven Bells
School of Seven Bells
Ametsub
Ametsub
tickles
tickles
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に 1

    星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に

  2. KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮 2

    KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮

  3. 『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者 3

    『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者

  4. 菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真 4

    菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真

  5. 『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加 5

    『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加

  6. レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加 6

    レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加

  7. けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開 7

    けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開

  8. 中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載 8

    中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載

  9. フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生 9

    フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生

  10. 『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開 10

    『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開