ニュース

荒木経惟、伊島薫、宮島達男ら12作家が花モチーフの作品発表、豊田市美術館で企画展

12人の現代美術作家による花をモチーフにした絵画や写真、映像、インスタレーションなどを紹介する企画展『カルペ・ディエム 花として今日を生きる』が、愛知・豊田市美術館で9月23日まで開催されている。

人生の無常を伝えるローマ時代の格言「カルペ・ディエム(今日を生きよ)」をタイトルに冠した同展では、荒木経惟、イケムラレイコ、伊島薫、河原温、鬼頭健吾、栗田宏一、福田美蘭、福永恵美、中川幸夫、宮島達男、渡辺豪、ノット・ヴィタルの12人が、それぞれ花をテーマにした作品を展開。なお、ポスターには、女優やファッションモデルを被写体に彼女たちが死に直面した場面をとらえたシリーズ作品を発表している写真家の伊島薫が、女優の坂井真紀を撮影した作品が使用されている。

また、前述の現代美術作品に加え、花摘みの物語や生と死の図像を現代に伝える16世紀の版画や、ウィリアム・モリス、夏目漱石などの書籍、竹久夢二の挿絵、藤田嗣治、山本丘人らの絵画も展示。背景に死の意識を持つことで生の輝きを照らし出した約108点の作品から、今を生きる意義を見つめる。

会期中には講演会、ギャラリートーク、コンサートを実施。9月22日には宮島達男によるワークショップも行われる。

『カルペ・ディエム 花として今日を生きる』

2012年6月30日(土)~9月23日(日)
会場:愛知県 豊田市美術館
時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
休館日:毎週月曜(7月16日、8月13日、9月17日は開館)
料金:一般1,000円 高校・大学生800円 中学生以下無料

ワークショップ
『宮島達男の「ぐっとくる話」中部大会』
2012年9月22日(土・祝)14:00~15:30
会場:愛知県 豊田市美術館1階講堂

(画像上から:伊島薫 《Sakai Maki wears Jil Sander》 2008年 ゼラチン・シルバー・プリント  作家蔵、荒木経惟 《堕楽園》 2012年 作家蔵、宮島達男 《Archive of Death Clock》 2011-12年 作家蔵 協力:Akio Nagasawa Publishing、福永恵美 《greenhide》 2006年 パラフィン蝋、蜜蝋、油絵具、脱色した菊の葉、木材、ガラス容器 作家蔵)

伊島薫 《Sakai Maki wears Jil Sander》 2008年 ゼラチン・シルバー・プリント  作家蔵
伊島薫 《Sakai Maki wears Jil Sander》 2008年 ゼラチン・シルバー・プリント  作家蔵
荒木経惟 《堕楽園》 2012年 作家蔵
荒木経惟 《堕楽園》 2012年 作家蔵
宮島達男 《Archive of Death Clock》 2011-12年 作家蔵 協力:Akio Nagasawa Publishing
宮島達男 《Archive of Death Clock》 2011-12年 作家蔵 協力:Akio Nagasawa Publishing
福永恵美 《greenhide》 2006年 パラフィン蝋、蜜蝋、油絵具、脱色した菊の葉、木材、ガラス容器 作家蔵
福永恵美 《greenhide》 2006年 パラフィン蝋、蜜蝋、油絵具、脱色した菊の葉、木材、ガラス容器 作家蔵
画像を拡大する(7枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』