ニュース

サラ・ポーリーの長編監督2作目は愛と恋の間で揺れる『テイク・ディス・ワルツ』

恋愛時期から温かく愛情深い生活に突入した若い夫婦の変わりゆく感情を静かに描いた映画『テイク・ディス・ワルツ』が、8月11日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほかで公開される。

同作の主人公は、料理本を作る夫ルーと結婚して5年目を迎え、子供はいないが仲睦まじく暮らしているフリーランスのライター・マーゴ。何ひとつ不満のない結婚生活をおくっていたマーゴだが、仕事で訪れた島で情熱的な眼差しを持つダニエルと恋に落ちてしまう。さらに、夫とは正反対の魅力を持つダニエルが偶然にも家の真向かいに住んでいることを知った彼女は、どうにもならない思いに駆られ、ある決断をする。

監督は、『スウィート ヒアアフター』『死ぬまでにしたい10のこと』などで女優としても知られ、同作が2作目の長編監督作品となるサラ・ポーリー。マーゴ役を『マリリン 7日間の恋』などの作品で3度も『アカデミー賞』候補になったミシェル・ウィリアムズが演じる。さらに、妻を愛するルー役に『50/50 フィフティ・フィフティ』のセス・ローゲンが扮している。


CINRA.NETでは、7月31日(火)19:00(開場18:30)から東京・ブロードメディア・スタジオ試写室(東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2F)で行われる『テイク・ディス・ワルツ』試写会に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年7月23日)

『テイク・ディス・ワルツ』

2012年8月11日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本・製作:サラ・ポーリー
出演:
ミシェル・ウィリアムズ
セス・ローゲン
ルーク・カービー
サラ・シルヴァーマン
配給:ブロードメディア・スタジオ

(画像:©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved)

『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
『テイク・ディス・ワルツ』©2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開