ニュース

Dinosaur Jr.が約3年ぶりニューアルバム『I Bet On Sky』を9月にリリース

Dinosaur Jr.のニューアルバム『I Bet On Sky』が、9月12日にリリースされる。

無気力大王の異名をとるJ・マスシス(Gt,Vo)率いるDinosaur Jr.は、1983年にアメリカ・ボストンで結成。1980年代後半からNirvanaらと共にUSオルタナシーンを牽引する活躍を見せたが、1997年に解散した。2007年にオリジナルメンバーによる再結成を果たし、その後は精力的な活動を続けている。

同作は、彼らにとって2009年の『Farm』以来、約3年ぶりとなる10枚目のオリジナルアルバム。マスシスが歪んだギターを掻き毟り、ルー・バーロウ(Ba/Sebadoh)とマーフ(Dr)による白熱した演奏が重なり合う、濃厚な作品に仕上がっているとのこと。また、これまでの作品と同様にバーロウがメインボーカルを務める楽曲も収められている。なお、日本盤は1週間の先行発売となり、ボーナストラックが1曲追加収録される。

Dinosaur Jr.
『I Bet On Sky』国内盤(CD)

2012年9月12日発売
価格:2,490円(税込)
HSE-30294

1. Don't Pretend You Didn't Know
2. Watch The Corners
3. Almost Fare
4. Stick A Toe In
5. Rude
6. I Know It Oh So Well
7. Pierce The Morning Rain
8. What Was That
9. Recognition
10. See It On Your Side
11. Black Betty
※日本先行発売、歌詞対訳、ライナーノーツ付

amazonで購入する

(画像上:Dinosaur Jr.、画像下:Dinosaur Jr.『I Bet On Sky』ジャケット)

Dinosaur Jr.
Dinosaur Jr.
Dinosaur Jr.『I Bet On Sky』ジャケット
Dinosaur Jr.『I Bet On Sky』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図