ニュース

文豪たちの恋愛小説を気鋭監督&豪華俳優陣が映像化、6篇のオムニバス映画『BUNGO』

日本の恋愛短編小説6編を映画化したオムニバス作品『BUNGO~ささやかな欲望~』が、9月29日から公開される。

『BUNGO~ささやかな欲望~』では、6作品をそれぞれ「見つめられる淑女たち」「告白する紳士たち」という2つのテーマに分けて公開。「見つめられる淑女たち」をテーマに上映される作品は、冨永昌敬監督による宮沢賢治『注文の多い料理店』、西海謙一郎監督による三浦哲郎『乳房』、熊切和嘉監督による永井荷風『人妻』の3作品となる。

一方、「告白する紳士たち」のテーマで上映されるのは、関根光才監督による岡本かの子『鮨』、山下敦弘監督による坂口安吾『握った手』、谷口正晃監督による林芙美子『幸福の彼方』の3作品。大胆なアレンジや新たな解釈への挑戦、原作に忠実な映像化など、それぞれ個性的なスタンスによって制作された作品が楽しめる。また、出演者に石原さとみ、宮迫博之、水崎綾女、谷村美月、大西信満、橋本愛、リリー・フランキー、山田孝之、成海璃子、波瑠、三浦貴大が名を連ねている点も注目だ。

『BUNGO~ささやかな欲望~』

2012年9月29日(土)から全国順次公開

『見つめられる淑女たち』上映作品:

『注文の多い料理店』
監督:冨永昌敬
原作:宮沢賢治
脚本:菅野友恵
出演:
石原さとみ
宮迫博之

『乳房』
監督:西海謙一郎
原作:三浦哲郎
脚本:岨手由貴子
出演:水崎綾女

『人妻』
監督:熊切和嘉
脚本:宇治田隆史
原作:永井荷風
出演:
谷村美月
大西信満

『告白する紳士たち』上映作品:

『鮨』
監督:関根光才
原作:岡本かの子
脚本:大森寿美男
出演:
橋本愛
リリー・フランキー

『握った手』
監督:山下敦弘
原作:坂口安吾
脚本:向井康介
出演:
山田孝之
成海璃子

『幸福の彼方』
監督:谷口正晃
原作:林芙美子
脚本:鎌田敏夫
出演:
波瑠
三浦貴大

配給:角川映画

(画像:©「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会)

『BUNGO〜ささやかな欲望〜』チラシ ©「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会
『BUNGO〜ささやかな欲望〜』チラシ ©「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと