ニュース

音楽と視覚芸術の関係を探求する『アートと音楽』展、総合アドバイザーは坂本龍一

音楽とビジュアルアートの関係がテーマの展覧会『アートと音楽 ―新たな共感覚をもとめて』が、10月27日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

同展は、現代アートを中心に、デザインや建築、音楽などの異なる表現ジャンルや専門領域同士の出会いの場を設けることで、新しいアートの可能性を提示するプロジェクト『東京アートミーティング』の第3回目として開催される。今回は総合アドバイザーとして坂本龍一を招き、「見ること」と「聴くこと」が交錯する様々な作品が展示される。

出展者は、セレスト・ブルシエ=ムジュノ、ジョン・ケージ、フロリアン・ヘッカー、池田亮司、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、カールステン・ニコライ、大西景太、大友良英リミテッド・アンサンブルズ(大友良英、青山泰知、Sachiko M、堀尾寛太、毛利悠子)、クリスティーネ・エドルンド、武満徹、田中未知・高松次郎、八木良太ら20世紀から現代までの20組となる。また、坂本龍一と高谷史郎、オノセイゲンとの共作も展示される。

会期初日となる10月27日にはバルトロメウス・トラウベックらが来場しトークやパフォーマンスを披露するほか、会期中の11月18日にはd.v.d、12月23日には青葉市子のライブが開催される。また、12月15日には眞壁宏幹(慶應義塾大学文学部教授)による「共感覚」をテーマにした講演会も行われる。


CINRA.NETでは、『東京アートミーティング(第3回) アートと音楽―新たな共感覚をもとめて』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年10月29日)

『東京アートミーティング(第3回) アートと音楽―新たな共感覚をもとめて』

2012年10月27日(土)~2013年2月3日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室 B2F・1F
時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
総合アドバイザー:坂本龍一
出展作家:
セレスト・ブルシエ=ムジュノ
ジョン・ケージ
マノン・デ・ブール
フロリアン・ヘッカー
池田亮司
ワシリー・カンディンスキー
パウル・クレー
ウドムサック・クリサナミス
カールステン・ニコライ
大西景太
オノセイゲン+坂本龍一+高谷史郎
大友良英リミテッド・アンサンブルズ(大友良英、青山泰知、Sachiko M、堀尾寛太、毛利悠子)
クリスティーネ・エドルンド
坂本龍一+高谷史郎
ザ・サイン・ウェーブ・オーケストラ
武満徹
田中未知・高松次郎
バルトロメウス・トラウベック
ステファン・ヴィティエロ
八木良太
休館日:月曜(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月28日~1月1日、1月15日
料金:一般1,100円 大学生・65歳以上850円 中高生550円
※小学生以下無料

『d.v.dライヴ・パフォーマンス』
2012年11月18日(日)15:00~
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
出演:d.v.d
定員:当日先着200名
料金:無料

講演会
『「共感覚」の魅力~なぜ芸術家、教育者、心理学者は惹きつけられてきたのか―二つの世紀転換期におけるいくつかの事例を中心に―』
2012年12月15日(土)15:00~
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
講師:眞壁宏幹(慶應義塾大学文学部教授)
定員:当日先着200名
料金:無料

『青葉市子コンサート うた降るμseum』
2012年12月23日(日)15:00~
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
出演:青葉市子
定員:当日先着200名
料金:無料

(画像上から:セレスト・ブルシエ=ムジュノ『バリエーション』 2009年 ©Celeste Boursier-Mougenot. Courtesy Paula Cooper Gallery, New York Photo:Isabella Mathgus[参考図版]、大友良英+青山泰知『without records』 2008年 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]撮影:丸尾隆一(YCAM)【参考図版】、池田亮司『data.matrix [n°1-10]』 2006-09年 ©2009 ryoji ikeda Photo: 丸尾隆一 Courtesy of Gallery Koyanagi, Tokyo、ワシリー・カンディンスキー『「E.R.キャンベルのための壁画No.4」の習作(カーニバル・冬)』 1914年 宮城県美術館蔵、坂本龍一+高谷史郎『LIFE - fluid, invisible, inaudible…』 2007年 YCAM委嘱作品 Photo:丸尾隆一(YCAM) 写真提供:山口情報芸術センター [YCAM]【参考図版】)

セレスト・ブルシエ=ムジュノ『バリエーション』 2009年 ©Celeste Boursier-Mougenot. Courtesy Paula Cooper Gallery, New York Photo:Isabella Mathgus[参考図版]
セレスト・ブルシエ=ムジュノ『バリエーション』 2009年 ©Celeste Boursier-Mougenot. Courtesy Paula Cooper Gallery, New York Photo:Isabella Mathgus[参考図版]
大友良英+青山泰知『without records』 2008年 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]撮影:丸尾隆一(YCAM)【参考図版】
大友良英+青山泰知『without records』 2008年 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]撮影:丸尾隆一(YCAM)【参考図版】
池田亮司『data.matrix [n°1-10]』 2006-09年 ©2009 ryoji ikeda Photo: 丸尾隆一 Courtesy of Gallery Koyanagi, Tokyo
池田亮司『data.matrix [n°1-10]』 2006-09年 ©2009 ryoji ikeda Photo: 丸尾隆一 Courtesy of Gallery Koyanagi, Tokyo
ワシリー・カンディンスキー『「E.R.キャンベルのための壁画No.4」の習作(カーニバル・冬)』 1914年 宮城県美術館蔵
ワシリー・カンディンスキー『「E.R.キャンベルのための壁画No.4」の習作(カーニバル・冬)』 1914年 宮城県美術館蔵
坂本龍一+高谷史郎『LIFE - fluid, invisible, inaudible…』 2007年 YCAM委嘱作品 Photo:丸尾隆一(YCAM) 写真提供:山口情報芸術センター [YCAM]【参考図版】
坂本龍一+高谷史郎『LIFE - fluid, invisible, inaudible…』 2007年 YCAM委嘱作品 Photo:丸尾隆一(YCAM) 写真提供:山口情報芸術センター [YCAM]【参考図版】
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと