ニュース

中村義洋監督×濱田岳主演の団地映画『みなさん、さようなら』公開日決定&画像続々

2013年1月26日から東京・テアトル新宿ほかで公開される映画『みなさん、さようなら』の場面写真が公開された。

『みなさん、さようなら』は久保寺健彦の同名小説をもとに、小学校の卒業と共にある想いから団地から一歩も出ずに生きていくと決めた少年が、孤独や葛藤に苛まれながら成長する姿を描いた作品だ。監督・脚本は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』などでも知られる中村義洋。主題歌には、エレファントカシマシが2000年に発表した楽曲“sweet memory”が起用されている。

今回公開された場面写真では、主演の濱田岳が団地内のパトロールや同級生たちの帰宅の出迎えを日課として育ち、団地内で就職し婚約するという一風変わった人生を送る主人公・悟の12歳から30歳までを演じ切っている様子が確認できる。さらに悟と共に団地で成長していく同級生たちを演じる倉科カナ、永山絢斗、波瑠らの姿も公開されている。オフィシャルサイトでは予告編も公開されているので、こちらもあわせてチェックしてみよう。

『みなさん、さようなら』

2013年1月26日(土)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督:中村義洋
脚本:林民夫、中村義洋
原作:久保寺健彦『みなさん、さようなら』(幻冬舎)
主題歌:エレファントカシマシ“sweet memory”
出演:
濱田岳
倉科カナ
永山絢斗
波瑠
安藤玉恵
志保
ナオミ・オルテガ
田中圭
ベンガル
大塚寧々
配給:ファントム・フィルム

(画像:©2012「みなさん、さようなら」製作委員会)

『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
『みなさん、さようなら』©2012「みなさん、さようなら」製作委員会
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会