ニュース

『ヨコハマトリエンナーレ2014』の概要とアーティスティックディレクターが発表

現代アートの国際展『ヨコハマトリエンナーレ2014』の開催概要と、同展のアーティスティックディレクターが発表された。

2001年にスタートした『横浜トリエンナーレ』は、国際的に活躍する作家から若手作家まで、現代アートの動向を幅広く提示してきたイベント。5回目の開催となる『ヨコハマトリエンナーレ2014』は、8月上旬から11月上旬にかけて開催され、メイン会場は神奈川・横浜美術館と新港ピアになるとのこと。

アーティスティックディレクターには、名画の登場人物や女優、革命家などに自ら扮するというユニークな手法で制作されたセルフポートレート作品で知られる、美術家の森村泰昌が就任。

森村は国際展のアーティスティックディレクターを務めるのは今回が初めてであることに触れながら「しかし、このいささか無謀とも思える船出こそ、今、国際展には必要とされているのではないだろうか」と問題を提起。また、「だがこの初心者の危うさを、忘れかけている冒険心と捉えなおし、芸術世界の未知数に向かって新鮮な気構えで旅に出る。これはこれで、重要な提案を必ずや孕むだろう」とコメントを発表している。

『ヨコハマトリエンナーレ2014』

2014年8月上旬~11月上旬予定
会場:神奈川県 横浜美術館、新港ピア
アーティスティックディレクター:森村泰昌

※画像を掲載しました(2012年12月19日)

(画像上:森村泰昌 ©MORIMURA YASUMASA、画像中:横浜美術館 撮影:笠木靖之、画像下:新港ピア(新港ふ頭展示施設))

森村泰昌 ©MORIMURA YASUMASA
森村泰昌 ©MORIMURA YASUMASA
横浜美術館 撮影:笠木靖之
横浜美術館 撮影:笠木靖之
新港ピア(新港ふ頭展示施設)
新港ピア(新港ふ頭展示施設)
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現