ニュース

松田龍平×宮崎あおい『舟を編む』追加キャストにピース又吉、麻生久美子ら

4月13日から東京・有楽町の丸の内ピカデリーほか全国で公開される映画『舟を編む』の追加キャストが発表された。

『舟を編む』は、文学賞『全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2012年本屋大賞』大賞を受賞した三浦しをんの同名小説をもとにした作品。新辞書『大渡海』の編さんに挑む人々の姿を通して、言葉への敬意や様々な人間模様が描かれる。監督は『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』などでも知られる石井裕也。出演者には、『大渡海』の変人編集者・馬締光也役を演じる松田龍平、馬締が一目惚れする林香具矢役の宮崎あおい、馬締の先輩編集者・西岡役のオダギリジョー、女性誌から異動してくる若い編集者みどり役の黒木華らが名を連ねている。

今回発表された追加キャストは、辞書の装丁デザイナー上田役を演じる又吉直樹(ピース)をはじめ、宇野祥平、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子の6人。本好きで知られる又吉は、辞書について「辞書を読むのは好きですね。家に国語辞典だけで4・5冊あります。ほかに類語辞典、地名辞典とかカタカナ語辞典とか」とコメント。撮影の感想としては「松田さんとオダギリさんは、やっぱり雰囲気があって声が心地よかったです」と語っている。

CINRA.NETでは、3月29日(金)18:30(開場18:00)から東京・東商ホール(東京都千代田区丸の内3-2-2)で行われる『舟を編む』試写会に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年3月21日)

『舟を編む』

2013年4月13日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
監督:石井裕也
脚本:渡辺謙作
原作:三浦しをん『舟を編む』(光文社)
出演:
松田龍平
宮崎あおい
オダギリジョー
黒木華
渡辺美佐子
池脇千鶴
鶴見辰吾
宇野祥平
又吉直樹(ピース)
波岡一喜
森岡龍
斎藤嘉樹
麻生久美子
伊佐山ひろ子
八千草薫
小林薫
加藤剛
配給:松竹、アスミック・エース

(画像:©2013「舟を編む」製作委員会)

『舟を編む』©2013「舟を編む」製作委員会
『舟を編む』©2013「舟を編む」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年