徳永憲の新アルバムは小島麻由美とのデュエット曲含む『ねじまき』、ジャケは黒田硫黄

徳永憲のニューアルバム『ねじまき』が、3月27日にリリースされる。

徳永にとって前作『ただ可憐なもの』以来、約2年2か月ぶりの新作となる同作には、小島麻由美とのデュエット曲“悲しみの君臨”を含む全13曲を収録。プロデュースは徳永自身が手掛けているほか、坂田学がゲストミュージシャンに名を連ねている。また、ジャケットイラストは漫画家の黒田硫黄が担当。“悲しみの君臨”のPVがYouTubeで公開されているので、こちらもチェックしてみよう。

徳永は、変則チューニングが施されたアコースティックギターを用いて、フォークやトラッド、ロック、ジャズ、プログレなどの要素を昇華した個性的な楽曲を奏でるシンガーソングライター。1998年にミニアルバム『魂を救うだろう』でデビューして以来、これまでに7枚のアルバムをリリースしている。

リリース情報

徳永憲
『ねじまき』(CD)

2013年3月27日発売
価格:2,500円(税込)
WAIKIKI RECORD / SUZAK MUSIK LTD. / NGCS-1022

1. 女子 女子 女子
2. 大航海時代
3. 北極星
4. ソファ
5. 聞こえる 聞こえる
6. ポストに手紙
7. 世界のはずれ
8. さよならの日々
9. うつつを抜かしたとて
10. 暖かなもの
11. 肩車の思い出がまた肩車をつくる
12. 悲しみの君臨(デュエットwith小島麻由美)
13. 目に映る明るい夜

amazonで購入する

(画像上:徳永憲、画像下:徳永憲『ねじまき』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 徳永憲の新アルバムは小島麻由美とのデュエット曲含む『ねじまき』、ジャケは黒田硫黄

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて