ジャンルレスなパフォーミングアートの祭典『吾妻橋ダンスクロッシング』、今年も開催

パフォーミングアートの祭典『吾妻橋ダンスクロッシング2013 春』が、3月29日から3月31日まで東京・浅草のアサヒ・アートスクエアで開催される。

今年で10周年を迎える『吾妻橋ダンスクロッシング』は、作曲家・ダンス批評家の桜井圭介がキュレーターを務めるイベント。「グルーヴィーな身体」をキーワードに、ダンスや演劇、アート、音楽など、あらゆるジャンルの最先端パフォーマンスが交差し、それぞれの出演者が同イベントでしか見ることができない150分間程度のパフォーマンスを披露する。

今回は「アートの『実用性』ではなく、『役に立たなさ』『無用の用』を見直す」ことをテーマに掲げて開催。参加者には、未来芸術家の遠藤一郎、パフォーマンス集団「悪魔のしるし」の危口統之、ロックバンドのcore of bells、金山寿甲率いる不確定ユニット「東葛スポーツ」、8人組ダンスカンパニー「21世紀ゲバゲバ舞踊団」、藤田貴大主宰の演劇団体「マームとジプシー」、ダンサー・振付家の室伏鴻と音楽家・批評家の大谷能生のユニットのほか、女優・青柳いづみと飴屋法水のデュオが追加され、計8組が名を連ねている。また、小浜正寛を中心とした調理アートユニット「ボクデスの青いカレーパン部」もフードアートで参加する。出演者のプロフィールや各公演の詳細などはオフィシャルサイトで確認しよう。チケットは現在発売中。

イベント情報

『吾妻橋ダンスクロッシング 2013 春』

2013年3月29日(金)~3月31日(日)※全4公演
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
出演:
青柳いづみ×飴屋法水
遠藤一郎
危口統之(悪魔のしるし)
core of bells
東葛スポーツ
21世紀ゲバゲバ舞踊団
マームとジプシー
室伏鴻×大谷能生
フードアート:ボクデスの青いカレーパン部
料金:一般3,500円 学生3,000円 当日4,000円

 

(画像上:『吾妻橋ダンスクロッシング 2013 春』イメージビジュアル、画像中:室伏鴻、画像下:大谷能生)

  • HOME
  • Stage
  • ジャンルレスなパフォーミングアートの祭典『吾妻橋ダンスクロッシング』、今年も開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて