『聖☆おにいさん』主題歌は、星野源が漫画&アニメ制作者に捧げる新曲“ギャグ”

5月10日から東京・TOHOシネマズ六本木シネマズほかで公開されるアニメーション映画『聖☆おにいさん』の主題歌が、星野源の新曲“ギャグ”になることがわかった。

同楽曲は、本編でブッダの声を担当している星野が書き下ろしたもの。楽曲について星野は、「自分の中のオルタナティブとポップの両方を繋ぎ合わせました。大好きなマンガを読んでいるときに生まれた、すべての漫画家・アニメ制作スタッフの皆さんに捧げる曲です」とコメントしている。

中村光による原作漫画『聖☆おにいさん』は、2006年から『モーニング・ツー』で連載スタート。ブッダとイエスの2人が東京・立川のアパートで過ごす下界生活を描いた人気作品で、監督は京都アニメーション出身の高雄統子、脚本は映画『君に届け』やドラマ『ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~』『絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~』などの根津理香が手掛ける。また、イエスの声を森山未來、音楽を鈴木慶一と白井良明が担当。


作品情報

『聖☆おにいさん』

2013年5月10日からTOHOシネマズ六本木シネマズほか全国で公開
監督:高雄統子
原作:中村光『聖☆おにいさん』
脚本:根津理香
主題歌:星野源“ギャグ”
音楽:鈴木慶一、白井良明
声の出演:
森山未來
星野源
ほか
配給:東宝映像事業部

(画像1枚目から4枚目まで:©中村 光・講談社/SYM製作委員会、画像5枚目:星野源)

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『聖☆おにいさん』主題歌は、星野源が漫画&アニメ制作者に捧げる新曲“ギャグ”

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて