『文藝別冊』で山田太一が小沢健二、木皿泉らと対談、全ドラマ解説や名ゼリフ集も

脚本家・小説家の山田太一を特集する『KAWADE 夢ムック文藝別冊 総特集 山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム』が、5月27日に刊行される。

1934年に東京・浅草で生まれ、78歳を迎えた現在でも現役で活動する山田太一。同書では、山田の書き下ろしエッセイやロングインタビュー、エッセイセレクションなどに加え、田原総一朗との同い年対談や木皿泉との初対談、小沢健二、倉本聰との対談も掲載される。

また、宮藤官九郎や大根仁、加瀬亮、スチャダラパー、原恵一らが山田作品への愛を語るコメント、『ふぞろいの林檎たち』『岸辺のアルバム』をはじめとする全ドラマ作品の解説や名ゼリフ集も収録。さらに久世光彦、今江祥智、山崎努、中野翠、関川夏央、荒川洋治、和田夏十、川本三郎、奥田英朗、田辺聖子らによるエッセイなど、様々なアプローチで山田の人物像と作品を紐解いていく。

リリース情報

『KAWADE 夢ムック文藝別冊 総特集 山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム』

2013年5月27日発売
価格:1,260円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

(画像:『KAWADE 夢ムック文藝別冊 総特集 山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム』表紙)

  • HOME
  • Book
  • 『文藝別冊』で山田太一が小沢健二、木皿泉らと対談、全ドラマ解説や名ゼリフ集も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて