FLEET佐藤擁するfhánaが森見登美彦原作アニメ『有頂天家族』ED曲でメジャーデビュー

音楽ユニットfhánaの新曲“ケセラセラ”が、7月7日から放送されるテレビアニメ『有頂天家族』のエンディングテーマとなることがわかった。

fhánaは、サウンドプロデュースを手がける佐藤純一(FLEET)、yuxuki waga、Kevin Mitsunaga(Leggysalad)と、ボーカリストのtowanaによるユニット。作曲を佐藤純一、作詞を林英樹が担当した“ケセラセラ”は、8月21日にLantisからリリースされるメジャーデビューシングルに収められる。テレビアニメ『有頂天家族』のオフィシャルサイトで公開されているPV内で楽曲の一部を聴くことができるので、あわせてチェックしてみよう。

『有頂天家族』は、『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』などで知られる作家・森見登美彦の小説をもとに、『さよなら絶望先生』の久米田康治がキャラクター原案を手掛けた作品。アニメーション制作をP.A.WORKSが担当し、監督を吉原正行、シリーズ構成を菅正太郎が務める。

作品情報

『有頂天家族』

2013年7月7日(日)からTOKYO MX、KBS京都、サンテレビほかで順次放送
監督:吉原正行
原作:森見登美彦『有頂天家族』(幻冬舎)
脚本:菅正太郎、檜垣亮
キャラクター原案:久米田康治
アニメーション制作:P.A.WORKS
オープニング主題歌:milktub“有頂天人生”
エンディング主題歌:fhána“ケセラセラ”
声の出演:
櫻井孝宏
諏訪部順一
吉野裕行
中原麻衣
能登麻美子
井上喜久子
石原凡
佐倉綾音
梅津秀行
飛田展男
西地修哉
畠山航輔
樋口武彦

(画像上:fhána、画像下:『有頂天家族』キービジュアル ©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会)

  • HOME
  • Music
  • FLEET佐藤擁するfhánaが森見登美彦原作アニメ『有頂天家族』ED曲でメジャーデビュー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて