『あまちゃん』“暦の上ではディセンバー”、歌っていたのはベイビーレイズ

NHKドラマ『あまちゃん』の挿入歌“暦の上ではディセンバー”を歌っているのがベイビーレイズだったことが明らかになった。

“暦の上ではディセンバー”は、『あまちゃん』に登場する架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」による大ヒット曲という設定のアイドルソング。6月29日には配信形式でリリースされており、同バージョンはベイビーレイズと、『あまちゃん』で成田りな役を演じる水瀬いのりがボーカルを担当している。

ベイビーレイズは「乗り込み!乗っ取り!!アイドル」をテーマに掲げ、2012年9月にデビュー。菊地亜美(アイドリング!!!)を指南役に、大矢梨華子、高見奈央、傳谷英里香、林愛夏、渡邊璃生の5人で結成され、2014年の日本武道館公演を目標に活動している。

なお、8月21日には新たにレコーディングした“暦の上ではディセンバー”をベイビーレイズ名義のCDでリリースすることも明らかにした。

作品情報

ベイビーレイズ
『暦の上ではディセンバー』初回限定盤(CD+DVD)

2013年8月21日発売
価格:1,300円(税込)
PCCA-03913

amazonで購入する

作品情報

ベイビーレイズ
『暦の上ではディセンバー』通常盤(CD)

2013年8月21日発売
価格:1,000円
PCCA-03914

amazonで購入する

リリース情報

アメ横女学園芸能コース
『暦の上ではディセンバー』

2013年6月29日からNHK SOUND、レコチョクほかで配信リリース

(画像:ベイビーレイズ)

  • HOME
  • Music
  • 『あまちゃん』“暦の上ではディセンバー”、歌っていたのはベイビーレイズ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて