市川海老蔵の主演映画『利休にたずねよ』、團十郎と親子共演シーンの場面写真など公開

市川海老蔵が茶人・千利休を演じる映画『利休にたずねよ』から、市川團十郎との親子共演シーンも含む場面写真が公開された。

同作は、『第140回直木賞』を受賞した山本兼一の同名小説をもとに、新たな切り口から利休の人生を浮き彫りにした長編映画。利休が遺した謎と生涯にわたって秘め続けた恋などが描かれる。

主人公の利休を見守る妻・宗恩役を中谷美紀、利休に惚れ込む織田信長役を伊勢谷友介、利休に愛憎をめぐらせる豊臣秀吉役を大森南朋が演じるほか、利休の師・武野紹鴎役を特別出演となる市川團十郎が演じる。

海老蔵は今年2月に亡くなった父・團十郎との共演について「父が武野紹鴎の役を引き受けた時に、家に呼ばれて『出させて頂きます。』と言われたんですね。倅ながら私達は普段から敬語ですし、距離もあり師弟関係でもあるんですが、『今回はあなたが主役です』ということで、そんな言い方をされたんです」とコメント。さらに、「父はこの映画が公開する時に、もしかしたら自分の命はないのかも知れないと認識していたんじゃないかなというような節も感じてしまったので、なんか父の姿を映画で見ると、改めてこの作品に出演してくださって、弟子という形で出演して、言葉で言い表せないものがありました」と想いを明かしている。

イベント情報

『利休にたずねよ』

2013年12月7日(土)から全国東映系で上映
監督:田中光敏
脚本:小松江里子
原作:山本兼一『利休にたずねよ』(PHP文芸文庫)
出演:
市川海老蔵
中谷美紀
伊勢谷友介
大森南朋
ほか
配給:東映

(画像:©2013「利休にたずねよ」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 市川海老蔵の主演映画『利休にたずねよ』、團十郎と親子共演シーンの場面写真など公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて