自然と映画を楽しむ野外上映会『星空の映画祭』、細田守やウディ・アレンなど8作品

野外映画上映会『星空の映画祭』が、8月4日から長野・原村の八ヶ岳自然文化園野外ステージで開催される。

今年で28回目の開催となる同上映会。標高1,300メートルの高原に位置する会場に設置された横11メートル、縦5メートルのスクリーンを使用し、35mmフィルム映写機で映画を鑑賞するイベントだ。

今年の上映作品は、細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』、トム・フーパー監督の『レ・ミゼラブル』、ジャッキー・チェン監督の『ライジング・ドラゴン』、ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』、三宅唱監督の『Playback』、高橋伴明監督の『道~白磁の人~』。また、ジェームス・ブラウンやモハメド・アリ、B・B・キングらが出演する音楽ドキュメンタリー『ソウル・パワー』も上映される。上映スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『星空の映画祭』

2013年8月4日(日)~8月25日(日)
会場:長野県 原村 八ヶ岳自然文化園野外ステージ
上映作品:
『おおかみこどもの雨と雪』(監督:細田守)
『レ・ミゼラブル』(監督:トム・フーパー)
『ライジング・ドラゴン』(監督:ジャッキー・チェン)
『ミッドナイト・イン・パリ』(監督:ウディ・アレン)
『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』(監督:ヴェルナー・ヘルツォーク)
『ソウル・パワー』(監督:ジェフリー・レヴィ=ヒント)
『Playback』(監督:三宅唱)
『道―白磁の人─』(監督:高橋伴明)
料金:大人1,000円 子ども(中学生まで)500円

(画像上から:『星空の映画祭』イメージビジュアル、『ミッドナイト・イン・パリ』 Photo by Roger Arpajou ©2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.、『おおかみこどもの雨と雪』 ©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会、『ソウル・パワー』、『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』 ©MMX CREATIVE DIFFERENCES PRODUCTIONS, INC.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 自然と映画を楽しむ野外上映会『星空の映画祭』、細田守やウディ・アレンなど8作品

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて