クリエイティブラボ「PARTY」、ネットワーク化社会の本質を伝える展覧会

クリエイティブラボ「PARTY」の展覧会『PARTY そこにいない。展』が、9月4日から東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催される。

2011年に設立されたPARTYは、伊藤直樹、清水幹太、中村洋基、川村真司が所属しており、 ビジュアル、コミュニケーション、プロダクト、サービス、イベント、コンテンツ、空間など、デジタルの技術を活用した様々なデザインを手掛けている。

同展では、時間と場所の制約から自由になれるというネットワーク化社会の本質を、作品を通じてインタラクティブな体験として鑑賞者にもたらすという。


イベント情報

第325回企画展
『PARTY そこにいない。展』

2013年9月4日(水)~9月28日(土)
会場:東京都 銀座 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
時間:11:00~19:00(土曜は18:00まで)
休館日:日曜、祝日
料金:無料

(画像上から:第325回企画展『PARTY そこにいない。展』メインビジュアル、『MUJI to GO』、『OMOTE 3D SHASHIN KAN』、『NHK: The Visual Workshop』、『Chrome World Wide Maze』)

  • HOME
  • Art,Design
  • クリエイティブラボ「PARTY」、ネットワーク化社会の本質を伝える展覧会

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて