宮藤官九郎が描く「土下座の向こう側」とは、阿部サダヲ主演『謝罪の王様』

映画『謝罪の王様』が、9月28日から全国東宝系で公開される。

NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』でも注目を集めている宮藤官九郎が脚本を手掛けた同作は、宮藤脚本の映画『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』などで監督を務め、ドラマ『Woman』『Mother』などの演出を手掛けたことでも知られる水田伸生がメガホンをとった作品。架空の職業「謝罪師」を生業とする主人公・黒島譲が、けんかの仲裁から国家存亡の危機まで大小様々な事件を、謝罪のテクニックを駆使して解決していく物語を描いたコメディー作品だ。

場面写真では、やがて謝罪を超えた究極の謝罪である「土下座の向こう側」を繰り出す黒島役の阿部サダヲをはじめ、司法書士を目指す帰国子女で、のちに黒島のアシスタントになる倉持典子役を演じる井上真央、下着メーカーの中堅社員・沼田卓也役を演じる岡田将生、沼田からセクハラを受けている下着メーカーの女性社員・宇部美咲役の尾野真千子、沼田の担当弁護士であり典子の大学時代の講師でもある箕輪正臣役を演じる竹野内豊ら個性的な登場人物たちの姿が捉えられている。


作品情報

『謝罪の王様』

2013年9月28日(土)から全国東宝系で公開
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
音楽:三宅一徳
主題歌:E-girls“ごめんなさいのKissing You”
出演:
阿部サダヲ
井上真央
竹野内豊
岡田将生
尾野真千子
荒川良々
濱田岳
松本利夫
高橋克実
松雪泰子
配給:東宝

(画像:©2013「謝罪の王様」製作委員会)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 宮藤官九郎が描く「土下座の向こう側」とは、阿部サダヲ主演『謝罪の王様』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて