前橋の新たな芸術文化拠点アーツ前橋、開館祝う地域密着の記念展

新たな美術館「アーツ前橋」が群馬・前橋にオープン。開館記念展『カゼイロノハナ 未来への対話』が、2014年1月26日まで開催されている。

前橋における新たな芸術文化の発信拠点として「創造的であること」「みんなで共有すること」「対話的であること」をコンセプトに掲げ、10月26日にオープンしたアーツ前橋。同館では、アーティストだけでなく施設に関わる人々が、アートを通じて創造的な日常を発見することを目指すという。

開館記念展では、収蔵作品の展示だけでなく、地域に縁のある美術作家や文学者、音楽家や科学者など、様々な分野のアーティストが手掛けた作品を、現代の芸術家たちが再解釈した作品も紹介されている。なお、展覧会タイトルは前橋出身の詩人・萩原朔太郎の歌集『ソライロノハナ』にちなんで付けられている。会期中にはアーティストトークやワークショップ、シンポジウムも開催される予定だ。


イベント情報

アーツ前橋 開館記念展
『カゼイロノハナ 未来への対話』

2013年10月26日(土)~2014年1月26日(日)
会場:群馬県 前橋 アーツ前橋
時間:11:00~19:00まで(入館は閉館の30分前まで)

出展作家:
有村真鐵
池田政治
砂盃富男
牛嶋直子
小野田賢三
小見辰男
加藤アキラ
金井訓志
カナイサワコ
金子英彦
木暮伸也
黒田六造
小泉明郎
近藤嘉男
佐藤正幸
塩原友子
清水刀根
白川昌生
須藤和之
反町博彦
高橋常雄
田中青坪
司修
照屋勇賢
富田文隆
中村節也
南城一夫
林哲也
福沢一郎
福田貂太郎
ペ・ヨンファン
前島美江
ましもゆき
三輪途道
村田峰紀
茂木紘一
八木隆行
山口薫
横堀角次郎
横堀艸風
コミッションワーク参加作家:
off-Nibroll
照屋勇賢
TokyoDex
廣瀬智央
山極満博
地域アートプロジェクト参加作家:
EARTHSCAPE
伊藤存
幸田千依
フェルナンド・ガルシア・ドリー
西尾美也
増田拓史

休館日:水曜、年末年始(12月28日~1月4日)
料金:大人800円 大学生600円
※高校生以下無料

(画像上:『カゼイロノハナ 未来への対話』イメージビジュアル、画像中:白川昌生『基準-日本』1990年(1994年改変、再制作)北九州市立美術館蔵、画像下:ペ・ヨンファン『オブジェクト 福島のため息』2012年)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 前橋の新たな芸術文化拠点アーツ前橋、開館祝う地域密着の記念展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて