SONIC YOUTHが音楽を書き下ろし、不可解な失踪事件描く仏のオルタナサスペンス映画

SONIC YOUTHが劇中音楽を手掛けたフランスのサスペンス映画『消えたシモン・ヴェルネール』が、12月14日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

同作は、2010年の『カンヌ国際映画祭』で「ある視点」部門に出品され、ガス・ヴァン・サント監督作『エレファント』を彷彿とされると評された作品。パリ郊外を舞台に、シモン・ヴェルネールら若者たちの不可解な連続失踪事件の謎が、各登場人物の視点や時間軸の違いなどを活かした物語構造で描かれる。

現在活動休止中のSONIC YOUTHは、同作のための書き下ろし楽曲を休止前に提供しているほか、彼らの楽曲“Schizophrenia”も劇中に使用されている。メガホンをとったのは、Mogwaiが音楽を手掛けたことでも知られるフランスのテレビドラマ『レ・ルヴナン』の脚本を担当したファブリス・ゴベール。また、クレール・ドゥニ作品で知られるアニエス・ゴダールが撮影監督を担当している。

作品情報

『消えたシモン・ヴェルネール』

2013年12月14日(土)からユーロスペースでレイトショーほか全国順次公開
監督・脚本・原案:ファブリス・ゴベール
音楽:SONIC YOUTH
出演:
ジュール・ペリシエ
アナ・ジラルド
セルジュ・リアブキン
ヤン・タッサン
エステバン・カルヴァジャル=アレグリア
ローラン・カペリュート
バーナード・ニシル
オルガ・グランベール
チコ・メンデス
ほか
配給:ビーズインターナショナル

(画像:©2010 2.4.7.FILMS – TOUS DROITS RESERVES)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • SONIC YOUTHが音楽を書き下ろし、不可解な失踪事件描く仏のオルタナサスペンス映画

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて