彫刻の構築と脱構築が融合する作品群、アートユニットNerhol個展『Scene to know』

田中義久と飯田竜太によるアートユニットNerholの個展『Scene to know』が、11月22日から東京・原宿のVACANTで開催される。

グラフィックデザインを基軸に活動していた田中と美術を基軸に活動していた飯田、互いの分野で得た思考論を融合させながら作品を制作しているNerhol。幾層にも重なった写真の固まりを立体的に捉え、彫ることを通じて対象の解体と再構築を作品に仕上げている。これまでにDiorや手塚治虫とのコラボレーションも展開している。

同展では、Nerholの2人が約1年にわたってVACANTに通って制作した新作約40点を展示。重なった人物の連続写真を彫ることで、表層の中に存在する深層の存在を露わにする。なお、Sk8ightTing、エドツワキ、長谷川踏太、野村友里、クリス・チュウ(POP ETC)、奥山由之など、VACANTにゆかりあるクリエイターを被写体に用いた作品も展示される。

イベント情報

Nerhol個展
『Scene to know』

2013年11月22日(金)~12月6日(金)
会場:東京都 原宿 VACANT 2階
時間:12:00~20:00(最終日は18:00まで)
休廊日:月曜
料金:無料

オープニングレセプション
2013年11月22日(金)18:00~21:00
会場:東京都 原宿 VACANT 2階

トークショー
2013年12月5日(木)19:30~21:00
会場:東京都 原宿 VACANT 2階
出演:
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
石田尚志(画家、映像作家。多摩美術大学准教授)
菊竹寛(タカ・イシイギャラリー)
料金:無料(要事前予約)

(画像上:Scene to know, 2013 420 x 297 x 30mm ©Nerhol、画像下:Scene to know / Daily, 2013 420 x 297 x 30mm 5/8 Parts ©Nerhol)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 彫刻の構築と脱構築が融合する作品群、アートユニットNerhol個展『Scene to know』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて