SSW黒沼英之の1stフルアルバム『YELLOW OCHER』は来年2月リリース

シンガーソングライター黒沼英之の1stフルアルバム『YELLOW OCHER』が、2月5日にリリースされる。

1989年生まれの黒沼は、15歳から作曲活動を開始し、立教大学進学後に本格的な音楽活動をスタート。ピアノの弾き語りやバンド編成などで東京都内を中心にライブ活動を展開している。

初のフルアルバムとなる同作には、11月20日にリリースされた1stシングル『パラダイス』のタイトル曲や、6月にリリースされたメジャーデビューミニアルバム『instant fantasy』収録曲“ふたり”を含む全11曲が収められる。

また、シングル『パラダイス』のリリースを記念するイベントが、12月12日に東京・タワーレコード新宿店、12月23日に大阪・NU chayamachiで開催。さらに、黒沼が全国各地を巡る軌跡を追いかける特設サイト『日本縦断KuronuMap~いまいるこの場所こそが「パラダイス」~』もオープンしている。

黒沼英之のコメント

イエローオーカーとは赤みがかった黄色のこと。高校のとき所属していた美術部で、油絵の下描きに使うようにと先生に教えられた色。真っ白なキャンバスにイエローオーカーではじまりを描く瞬間が好きだった。教室に並んだ絵はどれも違う景色だけれど、その下には同じようにこの色が眠っていた。『YELLOW OCHER』の11曲が、聴いた人それぞれの生活に溶け込んでいくことを願って。

イベント情報

黒沼英之
『YELLOW OCHER』(CD)

2014年2月5日発売
価格:3,045円(税込)
VICL-64106

・パラダイス
・ふたり
ほか

(画像:黒沼英之)

  • HOME
  • Music
  • SSW黒沼英之の1stフルアルバム『YELLOW OCHER』は来年2月リリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて