染谷将太監督・脚本による16mm短編映画の一夜限り上映会、音楽は渡邊琢磨

染谷将太が監督・脚本を手掛けた短編映画『シミラー バット ディファレント』が、12月20日に東京・オーディトリウム渋谷で上映される。

全編にわたって16mmフィルムを用いて撮影された同作は、ある男女を中心にした人間模様が詩的に描かれた作品。共同脚本を『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の瀬田なつきが手掛けているほか、音楽をCOMBOPIANO名義での活動でも知られる渡邊琢磨が担当している。

物語の中心となる男女役には染谷自身と平野鈴がキャスティングされているほか、THE OTOGIBANASHI'SのMCであるbimをはじめ、岡本英之、佐藤幸子、影山祐子、武井麻里子がキャストに名を連ねている。

なお、染谷は今後の監督業について、「自分は役者なので監督で生活を送ったり監督に転身することは一切ないですが、こういう形で作品作りは幾つになっても続けていこうかと思っています。これからも、あいつまたなんかやってるよって温かく見守ってください」とコメントしている。

当日の上映は21:10と22:00から行われ、21:10からの回の上映後と22:00の上映前に染谷監督、平野鈴らによる舞台挨拶が行われる。当日券は、当日10:00から劇場で販売される予定とのこと。詳細はオーディトリウム渋谷のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『シミラー バット ディファレント』上映会

2013年12月20日(金)21:10~、22:00~
会場:東京都 渋谷 オーディトリウム渋谷で上映
監督:染谷将太
脚本:染谷将太、瀬田なつき
音楽:渡邊琢磨
出演:
平野鈴
染谷将太
bim
岡本英之
佐藤幸子
影山祐子
武井麻里子
料金:1,500円
※21:10からの回の上映後と22:00からの回の上映前に舞台挨拶を予定

(画像:©2013 MIXVOXXXX)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 染谷将太監督・脚本による16mm短編映画の一夜限り上映会、音楽は渡邊琢磨

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて