ルミネによる『LUMINE meets ART AWARD』結果発表、受賞作品はルミネ館内で展示

ルミネによるアートアワード『LUMINE meets ART AWARD 2013』の受賞作品が発表された。

館内にアート作品を展示するプロジェクト『LUMINE meets ART』を展開してきたルミネ。初めての開催となる同アワードは、一般公募によって選ばれた若手アーティストの作品を東京・ルミネ新宿と神奈川・ルミネ横浜のエレベーター、ルミネ新宿のウィンドウ、ルミネエスト新宿のデジタルサイネージなどで展示するもの。今回は応募作品569点の中から、賞金100万円が与えられるグランプリ1点を含む計5点の受賞作品が選ばれた。

グランプリを獲得したのは「ウィンドウ部門」に応募した堀康史の『mirage#6』。受賞作品は2月1日から各店舗で展示される。詳細は同アワードのオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『LUMINE meets ART AWARD 2013』

2014年2月1日(土)~3月5日(水)
会場:
東京都 新宿 ルミネ新宿、ルミネエスト新宿
神奈川県 横浜 ルミネ横浜
展示作品:
堀康史『mirage#6』(グランプリ、「ウィンドウ部門」)
深沢尚宏『Tranquility』(準グランプリ、「エレベーター部門」)
Chiaki Akada『CIRCUS BOX』(ルミネ賞、エレベーター部門)
本多裕紀『今度生まれて来る時も、また』(入賞、「インスタレーション部門」)
西里沙也加『Girls Planet』(入賞、「デジタルサイネージ部門」)
※開館時間、展示場所などの詳細はオフィシャルサイト参照

(画像上から:『LUMINE meets ART AWARD 2013』ロゴ、堀康史『mirage#6』、深沢尚宏『Tranquility』、Chiaki Akada『CIRCUS BOX』)

  • HOME
  • Art,Design
  • ルミネによる『LUMINE meets ART AWARD』結果発表、受賞作品はルミネ館内で展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて