ニュース

アートと音楽のカルチャーイベント『SNIFF OUT 2013』、出展作家も続々発表

アートと音楽のカルチャーイベント『SNIFF OUT 2013』が、大阪・インテックス大阪5号館で7月20日と7月21日に開催される。

今回が初開催となる同イベントは、現代アートと音楽の融合を主軸に、世界を舞台に活躍するアーティストやアートギャラリーを紹介。また、新たなアーティストを発掘する公募制のアートアワードや音楽フェスティバルも開催される。

アートアワードの審査員は、山本豊津(東京画廊+BTAP)、山本裕子(山本現代)、谷口純弘(DMO ARTS)、ヤノベケンジ(アーティスト)、金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブディレクター)、石橋圭吾(neutron代表、『ART KYOTO』実行委員)の6人。応募要項などは『SNIFF OUT 2013』のオフィシャルサイトで確認しよう。また、アートフェスティバル出展予定アーティストには、ヤノベケンジ、Chim↑Pom、宇川直宏、西野達、高木正勝、淀川テクニック、横山裕一などが名を連ねている。

出展ギャラリーとしては、東京画廊+BTAP、山本現代、アラタニウラノ、無人島プロダクション、DMO ARTS、hpgrp GALLERY TOKYO、ユカリアートのほか、多数の現代アートギャラリーが参加。なお、音楽フェスティバルの出演者は2月以降に発表される。

『SNIFF OUT 2013』

2013年7月20日(土)、7月21日(日)
会場:大阪府 インテックス大阪5号館
時間:13:00~20:00(予定)
料金:共通1日券5,500円 共通2日券10,000円 アート券1,500円

『SNIFF OUT 2013 ART FESTIVAL』
応募期間:2013年1月15日(火)~2月28日(木)
審査員:
山本豊津(東京画廊+BTAP)
山本裕子(山本現代)
谷口純弘(DMO ARTS)
ヤノベケンジ(アーティスト)
金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブディレクター)
石橋圭吾(neutron代表、『ART KYOTO』実行委員)

『SNIFF OUT 2013』ロゴ
『SNIFF OUT 2013』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場