ニュース

絵画から巨大インスタレーションまで、現代インドの姿を映し出す展示

インドの現代アートシーンを紹介する展示『Urban Narratives ―ある都市の物語―』が、5月6日まで東京・表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催されている。

美術史家であり美術評論家でもあるナナク・ガングリーがキュレーションを担当する同展は、エスパス ルイ・ヴィトン東京による「国シリーズ」の一環としてインドの現代アートシーンに焦点を当てるもの。ガングリーが現代美術界の発展に貢献をしてきた地域だと考えるインド西ベンガル州のコルカタで活動するアーティスト4人を選び、インドを拠点とする彼らの視点から、現代インドの姿を映しだす内容になるという。

出品作家のアディプ・ダッタ、スネハシシュ・マイティ、セカール・ロイ、ピヤリ・サドゥカーンは、中世の書や偶像から植民地時代の遺産に至るまで、インドの文化的な歴史に影響を受け、インドの伝統的アートに西洋的な要素も多く取り入れた作品を制作。同展には、インド特有の土着的な空間や、イメージと言葉、主張と理解の間のギャップ、ジェンダーの退廃、インドにおける都会での体験などをテーマとした絵画や巨大インスタレーション、映像など、多様なジャンルの新作8点を含む計11点が展示される予定だ。

同展について、キュレーターのガングリーは「社会に深く浸透するヒエラルキー(階層制度)、その結果生まれる征服支配、規則として定められた考え方がもつドグマ、性別間の不公平さ、バイオレンス、そしてそこから生まれる混沌としたインド亜大陸の生活、差別から生まれる堕落、こうした要素がぎっしり詰まっています。このエスパス ルイ・ヴィトン東京の展示空間は、これらのアーティストたちが内面的に、そして強烈に、ほとんど無差別な自由奔放さをもって、時間と空間を探索し、取得したビジュアルテキストであふれています」と、コメントしている。

『Urban Narratives ―ある都市の物語―』

2013年1月26日(土)~5月6日(月)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京(ルイ・ヴィトン表参道ビル7階)
時間:12:00~20:00
キュレーター:ナナク・ガングリー
出展作家:
アディプ・ダッタ
スネハシシュ・マイティ
セカール・ロイ
ピヤリ・サドゥカーン
休館日:無休
料金:無料

(画像:『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo)

『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
『Urban Narratives ―ある都市の物語―』会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る