ニュース

安吾原作映画『戦争と一人の女』、江口のりこと永瀬正敏が魅せる戦争の不条理とエロス

坂口安吾原作の映画『戦争と一人の女』が、ゴールデンウィークに東京・テアトル新宿で公開される。

同作は、若松孝二の弟子である脚本家の井上淳一がメガホンをとった長編デビュー映画。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、同棲生活の中で絶望と虚無から貪るように互いの体を求める飲んだくれの作家と元遊女の女、さらに中国戦線で片腕を失い精神的後遺症を患った帰還兵の3人の運命が、戦後直後の混乱の中で交錯していく様子を描いた作品だ。

キャストには、坂口安吾自身を模した作家役の永瀬正敏、飲み屋の女将役の江口のりこ。帰還兵役の村上淳、下世話な市井のオヤジ役の柄本明を迎えている。脚本は若松プロ出身である荒井晴彦と中野太、音楽は『ユリイカ』などで知られる監督・青山真治、録音監修に橋本文雄、そして同作で初の企画・プロデュースを手がけた元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研など、映画界で名を馳せる面々が製作に参加している。

井上監督は同作について「これは戦争シーンのない戦争映画です。戦争は人間の命や体だけでなく、心さえも損ないます。若松孝二の遺伝子を受け継ぐ者として、それを描くことこそが、右傾化が懸念されるこの国で今最も必要だと確信しています」とコメントしている。

『戦争と一人の女』

2013年GWよりテアトル新宿にて公開
監督:井上淳一
脚本:荒井晴彦、中野太
原作:坂口安吾
音楽:青山真治、山田勳生
出演:
江口のりこ
永瀬正敏
村上淳
柄本明
配給:ドッグシュガームービーズ

(画像:©戦争と一人の女製作運動体)

『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催