ニュース

安吾原作映画『戦争と一人の女』、江口のりこと永瀬正敏が魅せる戦争の不条理とエロス

坂口安吾原作の映画『戦争と一人の女』が、ゴールデンウィークに東京・テアトル新宿で公開される。

同作は、若松孝二の弟子である脚本家の井上淳一がメガホンをとった長編デビュー映画。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、同棲生活の中で絶望と虚無から貪るように互いの体を求める飲んだくれの作家と元遊女の女、さらに中国戦線で片腕を失い精神的後遺症を患った帰還兵の3人の運命が、戦後直後の混乱の中で交錯していく様子を描いた作品だ。

キャストには、坂口安吾自身を模した作家役の永瀬正敏、飲み屋の女将役の江口のりこ。帰還兵役の村上淳、下世話な市井のオヤジ役の柄本明を迎えている。脚本は若松プロ出身である荒井晴彦と中野太、音楽は『ユリイカ』などで知られる監督・青山真治、録音監修に橋本文雄、そして同作で初の企画・プロデュースを手がけた元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研など、映画界で名を馳せる面々が製作に参加している。

井上監督は同作について「これは戦争シーンのない戦争映画です。戦争は人間の命や体だけでなく、心さえも損ないます。若松孝二の遺伝子を受け継ぐ者として、それを描くことこそが、右傾化が懸念されるこの国で今最も必要だと確信しています」とコメントしている。

『戦争と一人の女』

2013年GWよりテアトル新宿にて公開
監督:井上淳一
脚本:荒井晴彦、中野太
原作:坂口安吾
音楽:青山真治、山田勳生
出演:
江口のりこ
永瀬正敏
村上淳
柄本明
配給:ドッグシュガームービーズ

(画像:©戦争と一人の女製作運動体)

『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
『戦争と一人の女』 ©戦争と一人の女製作運動体
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表