ニュース

新雑誌『なんとなく、クリティック』創刊号は山本精一特集、小山田圭吾との対談も

カルチャー雑誌『なんとなく、クリティック』の創刊号が、2月22日に刊行された。

同誌は、現代におけるサブカルチャーと批評の関係を問い直すことをテーマに掲げ、音楽や映画、漫画など様々なジャンルを取り上げていくリトルマガジン。創刊号では山本精一特集と銘打ち、ROVOや羅針盤、想い出波止場などで活動する山本精一の44ページにわたるロングインタビューや、山本と小山田圭吾による18ページにわたる対談、佐々木敦による山本精一論などが掲載される。また、橋本倫史、さやわか、磯部涼、吉田アミ、ばるぼら、吉田大助による浅野いにお『おやすみプンプン』のクロスレビュー、瀬田なつきと染谷将太による映画対談、粉川哲夫の映画日記、泉信行の漫画日誌、鶴見済インタビュー、「なんのこっちゃい西山。」のライブ日記など、多彩なコンテンツが収録されている。同誌の編集・発行人は森田真規。デザインは雑誌『nu』の編集・発行でも知られるデザイナーの戸塚泰雄が担当している。

取り扱い店舗情報はオフィシャルサイトで随時更新中。CINRA.STOREでも販売しているので、こちらもチェックしてほしい。

『なんとなく、クリティック』創刊号

2013年2月刊行
編集・発行:森田真規
価格:1,050円(税込)
「批評」の役割について考察する新雑誌

CINRA STOREで購入する

(画像:『なんとなく、クリティック1』表紙)

『なんとなく、クリティック1』表紙
『なんとなく、クリティック1』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる