ニュース

「現役最高齢の音楽プロデューサー」牧村憲一が日本ポップスの20年間を紐解く書籍

音楽プロデューサー牧村憲一による著書『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』が、3月27日に刊行された。

1946年に東京・渋谷で生まれた牧村は、「現役最高齢の音楽プロデューサー」とも称される人物。ユイ音楽工房でかぐや姫“神田川”のディレクターを務めたほか、その後シュガーベイブ、センチメンタル・シティ・ロマンス、竹内まりや、大貫妙子らのプロデュースやマネージメントを手掛け、細野晴臣主宰レーベル「ノン・スタンダード」のディレションを担当。また、フリッパーズギターやTRATTORIAのディレクターを務め、「渋谷系」の音楽にも大きな影響を与えた。2010年に刊行された津田大介との共著『未来型サバイバル音楽論』でも話題を集めた。

同書は、1969年から1989年までの日本のポップス史を時系列に沿って紹介。現場にいた者だけが知るエピソードなども交えて、日本音楽シーンの移り変わりを浮き彫りにしていく。また、小室等、伊藤銀次、高野寛、信藤三雄ら総勢22人による当時を振り返る証言も盛り込まれている。さらに、ジャズ評論家・相倉久人との対談が掲載されるほか、現在では入手不可能なコレクターズアイテムなどの写真も公開されている。ブックデザインはGROOVISIONSが担当。

なお、4月14日まで神奈川・横須賀美術館で開催されている1970年代のポップカルチャーを振り返る企画展『70's バイブレーション!』では、牧村がキュレーションを手掛けたブースも展開されている。

書籍情報

『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』

2013年3月27日発売
著者:牧村憲一
価格:1,995円(税込)
発行:スペースシャワーブックス

amazonで購入する

(画像:『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙)

『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙
『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開