ニュース

「現役最高齢の音楽プロデューサー」牧村憲一が日本ポップスの20年間を紐解く書籍

音楽プロデューサー牧村憲一による著書『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』が、3月27日に刊行された。

1946年に東京・渋谷で生まれた牧村は、「現役最高齢の音楽プロデューサー」とも称される人物。ユイ音楽工房でかぐや姫“神田川”のディレクターを務めたほか、その後シュガーベイブ、センチメンタル・シティ・ロマンス、竹内まりや、大貫妙子らのプロデュースやマネージメントを手掛け、細野晴臣主宰レーベル「ノン・スタンダード」のディレションを担当。また、フリッパーズギターやTRATTORIAのディレクターを務め、「渋谷系」の音楽にも大きな影響を与えた。2010年に刊行された津田大介との共著『未来型サバイバル音楽論』でも話題を集めた。

同書は、1969年から1989年までの日本のポップス史を時系列に沿って紹介。現場にいた者だけが知るエピソードなども交えて、日本音楽シーンの移り変わりを浮き彫りにしていく。また、小室等、伊藤銀次、高野寛、信藤三雄ら総勢22人による当時を振り返る証言も盛り込まれている。さらに、ジャズ評論家・相倉久人との対談が掲載されるほか、現在では入手不可能なコレクターズアイテムなどの写真も公開されている。ブックデザインはGROOVISIONSが担当。

なお、4月14日まで神奈川・横須賀美術館で開催されている1970年代のポップカルチャーを振り返る企画展『70's バイブレーション!』では、牧村がキュレーションを手掛けたブースも展開されている。

書籍情報

『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』

2013年3月27日発売
著者:牧村憲一
価格:1,995円(税込)
発行:スペースシャワーブックス

amazonで購入する

(画像:『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙)

『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙
『ニッポン・ポップス・クロニクル1969-1989』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表