ニュース

ジャンル横断的な活動を展開するcore of bells、2ndアルバムは27曲収録

core of bellsのアルバム『Methodelic』が、4月10日にリリースされる。

core of bellsは2003年に神奈川・湘南で結成された5人組バンド。2010年には『FUJI ROCK FESTIVAL'10』の「ROOKIE A GO-GO」に出演したほか、パフォーミングアーツイベント『吾妻橋ダンスクロッシング』『HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE』や東京国立近代美術館60周年企画『14の夕べ』への出演、映画撮影や映画音楽の制作など、音楽だけでなく美術、映像、演劇、ダンスといった領域を横断する活動を展開している。

2010年の1stアルバム『ボトルキープ2010』以来約3年ぶりのアルバムとなる同作には、彼らのルーツのひとつであるハードコアパンクのエッセンスを抽出して詰め込んだ全27曲が収められる。

なお、アルバム発売記念イベントが、4月3日に東京・下北沢のTHREEで開催。ゲストにジョニー大蔵大臣×久下惠生、DJに危口統之(悪魔のしるし)を迎え、会場では同作の先行発売も行われる。チケット予約は同バンドのオフィシャルサイトで受付中だ。

リリース情報

core of bells
『Methodelic』(CD)

2013年4月10日発売
価格:2,100円(税込)
UNKNOWNMIX 22 / HEADZ 177

1. BELLSISM - Intro
2. Jancharness, Twinkle! Twinkle! Twinkle!
3. Weekend Serial Murder
4. Panama Hat
5. All Hate but Mishima
6. Total Fuckin' Stupid
7. Total Fuck'in After the Stupid
8. Anything but the CxOxB
9. Red Gaban
10. Too Handsome to Reach Anywhere
11. Emotionalphobic Hairstylo
12. Mrs. Gigantos' Didjelidoo
13. Mist Garlicly it!
14. Spell for The Unignorable Methodism
15. Zeni Asobich
16. Stench of My Little Burning Son
17. Take off The Worst Trip End of Which Never Comes
18. Let your body learn
19. From Enslavement to Onigwara
20. The Solitude in 100 of Senior Members
21. Born to Party (No mean tired nation)
22. Mimachigai
23. Theme of Gesubancho Beyond
24. Theme of Gesubancho Rising
25. Then, silence will continue ever
26. Yells from Hot spring of Abyss
27. Shonanilvanian Hanger

amazonで購入する

イベント情報

『core of bells 2ndアルバム「Methodelic」発売記念ライブ!』

2013年4月3日(水)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:東京都 下北沢 THREE
出演:
core of bells
ジョニー大蔵大臣×久下惠生
DJ:危口統之(悪魔のしるし)
料金:前売2,000円 当日2,300円(共にドリンク別)

(画像上:core of bells、画像下:core of bells『Methodelic』ジャケット)

core of bells
core of bells
core of bells『Methodelic』ジャケット
core of bells『Methodelic』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像