ニュース

神戸と京都で『爆音映画祭 in 関西』、ゴダールやカラックスからSigur Rosまで上映

映画上映イベント『爆音映画祭 in 関西』が、5月3日から兵庫・神戸アートビレッジセンター、5月9日から京都・同志社大学寒梅館ハーディーホールおよびクローバーホールで開催される。

東京・吉祥寺のバウスシアターを中心に開催されている『爆音映画祭』は、一般の劇場音響ではなく、音楽ライブ用の音響セッティングを用いた大音量上映を実施するもの。

関西で2度目の開催となる今回は、神戸会場でウェス・アンダーソン監督作『ムーンライズ・キングダム』や松江哲明監督作『フラッシュバックメモリーズ』といった新作に加え、レオス・カラックス監督作『汚れた血』、Sigur Rosの映像作品集『シガー・ロス 世にも奇妙な映像実験』など多彩なラインナップを上映。

また、京都会場では湯浅学といしいしんじ、樋口泰人(boid主宰)によるレコード視聴トークイベント『アナログばか一代』の出張企画が行われるほか、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作『あやつり糸の世界』、ジャン=リュック・ゴダール監督作『ゴダールのリア王』も上映される。

チケットや上映スケジュールの詳細は『爆音映画祭 in 関西』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『爆音映画祭 in 関西』

2013年5月3日(金)~5月6日(月・祝)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
上映作品:
『悪魔のいけにえ2』(監督:トビー・フーパー)
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(監督:オリバー・ストーン)
『汚れた血』(監督:レオス・カラックス)
『We Can't Go Home Again』(監督:ニコラス・レイ)
『SUPER8/スーパーエイト』(監督:J・J・エイブラムス)
『ディア・ハンター』(監督:マイケル・チミノ)
『フラッシュバックメモリーズ』(監督:松江哲明)※2D上映
『ムーンライズ・キングダム』(監督:ウェス・アンダーソン)
『湖畔の2年間』(監督:ベン・リヴァース)
『ブルース・ビックフォード作品集』
『シガー・ロス 世にも奇妙な映像実験』(監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル、ライアン・マッギンレーほか)
料金:
前売 整理番号付き1回券1,400円 整理番号なし1回券1,300円 3回券3,600円
当日 1回券1,500円 3回券3,900円

2013年5月9日(木)、5月10日(金)
会場:京都府 同志社大学寒梅館ハーディーホール
上映作品:
『あやつり糸の世界』(監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
『ゴダールのリア王』(監督:ジャン=リュック・ゴダール)
料金:
5月9日 一般1,500円 Hardience会員・他大学生1,200円
5月10日 一般1,300円 Hardience会員・他大学生1,000円
※同志社大学学生・教職員無料(同志社内諸学校を含む)
※当日券のみ

『アナログばか一代2013 出張スペシャル』
2013年5月7日(火)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:京都府 同志社大学寒梅館クローバーホール
出演:
湯浅学(音楽評論家)
樋口泰人(boid主宰、爆音映画祭プロデューサー)
いしいしんじ(作家)
料金:500円

(画像上:『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT、画像中:『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.、画像下:『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc)

『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT
『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT
『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで