ニュース

神戸と京都で『爆音映画祭 in 関西』、ゴダールやカラックスからSigur Rosまで上映

映画上映イベント『爆音映画祭 in 関西』が、5月3日から兵庫・神戸アートビレッジセンター、5月9日から京都・同志社大学寒梅館ハーディーホールおよびクローバーホールで開催される。

東京・吉祥寺のバウスシアターを中心に開催されている『爆音映画祭』は、一般の劇場音響ではなく、音楽ライブ用の音響セッティングを用いた大音量上映を実施するもの。

関西で2度目の開催となる今回は、神戸会場でウェス・アンダーソン監督作『ムーンライズ・キングダム』や松江哲明監督作『フラッシュバックメモリーズ』といった新作に加え、レオス・カラックス監督作『汚れた血』、Sigur Rosの映像作品集『シガー・ロス 世にも奇妙な映像実験』など多彩なラインナップを上映。

また、京都会場では湯浅学といしいしんじ、樋口泰人(boid主宰)によるレコード視聴トークイベント『アナログばか一代』の出張企画が行われるほか、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作『あやつり糸の世界』、ジャン=リュック・ゴダール監督作『ゴダールのリア王』も上映される。

チケットや上映スケジュールの詳細は『爆音映画祭 in 関西』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『爆音映画祭 in 関西』

2013年5月3日(金)~5月6日(月・祝)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
上映作品:
『悪魔のいけにえ2』(監督:トビー・フーパー)
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(監督:オリバー・ストーン)
『汚れた血』(監督:レオス・カラックス)
『We Can't Go Home Again』(監督:ニコラス・レイ)
『SUPER8/スーパーエイト』(監督:J・J・エイブラムス)
『ディア・ハンター』(監督:マイケル・チミノ)
『フラッシュバックメモリーズ』(監督:松江哲明)※2D上映
『ムーンライズ・キングダム』(監督:ウェス・アンダーソン)
『湖畔の2年間』(監督:ベン・リヴァース)
『ブルース・ビックフォード作品集』
『シガー・ロス 世にも奇妙な映像実験』(監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル、ライアン・マッギンレーほか)
料金:
前売 整理番号付き1回券1,400円 整理番号なし1回券1,300円 3回券3,600円
当日 1回券1,500円 3回券3,900円

2013年5月9日(木)、5月10日(金)
会場:京都府 同志社大学寒梅館ハーディーホール
上映作品:
『あやつり糸の世界』(監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
『ゴダールのリア王』(監督:ジャン=リュック・ゴダール)
料金:
5月9日 一般1,500円 Hardience会員・他大学生1,200円
5月10日 一般1,300円 Hardience会員・他大学生1,000円
※同志社大学学生・教職員無料(同志社内諸学校を含む)
※当日券のみ

『アナログばか一代2013 出張スペシャル』
2013年5月7日(火)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:京都府 同志社大学寒梅館クローバーホール
出演:
湯浅学(音楽評論家)
樋口泰人(boid主宰、爆音映画祭プロデューサー)
いしいしんじ(作家)
料金:500円

(画像上:『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT、画像中:『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.、画像下:『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc)

『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT
『汚れた血』 ©1986 LES FILMS PLAIN CHANT
『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
『ムーンライズ・キングダム』 ©2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
『フラッシュバックメモリーズ』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年