ニュース

モリサワの無料セミナー『タイプデザイナーの視点』、書体制作を幅広くレクチャー

株式会社モリサワによるタイプデザインのセミナー『タイプデザイナーの視点』が、7月2日に東京・秋葉原のUDXシアターで開催される。

同セミナーは、国内外で活躍するタイプデザイナーを講師に迎え、書体制作の基礎やそのプロセス、今後のタイプフェイスなどについてレクチャーを行うもの。今回は『タイプデザインコンペティション 2012』で審査員を務めたタイプデザイナーのマシュー・カーター、「小塚明朝」や「小塚ゴシック」などのタイプデザインで知られる小塚昌彦、『タイプデザインコンペティション 2012』和文部門で金賞を受賞した岡野邦彦が、それぞれの視点で書体デザインについて講演を行う。

参加申込みはモリサワのオフィシャルサイトで受付中。

※記事掲載時から記事タイトルが変更になりました(2013年6月11日追記)

イベント情報

モリサワ タイプデザインコンペティション特別セミナー
『タイプデザイナーの視点』

2013年7月2日(火)15:00~17:40(14:30開場)
会場:東京都 秋葉原 UDXシアター
講師:
マシュー・カーター
小塚昌彦
岡野邦彦
料金:無料(要事前申込み)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)