ニュース

YUKI新曲は広末涼子の17年振り主演ドラマ主題歌“STARMANN”

YUKIが、7月にスタートするドラマ『スターマン・この星の恋』の主題歌を担当することがわかった。

楽曲タイトルは“STARMANN”。YUKIは同楽曲について「脚本を読み、詩を書きました。広末涼子さん演じる主人公が、落ちていた男『星男』の傍にいたいと願う気持ちを表現したら、音楽の魅力に捕らわれて、強力な恋をしてしまった女の子の歌になりました。灼けつくような恋をした主人公の行方がどうなるのか、とても楽しみです。彼と踊り続けることができるように、希望を込めて、そうであってほしいなと、願いながら歌いました。堤監督、是非、ずっと一緒にいさせてあげてください!!」とコメントしている。

『スターマン・この星の恋』は、広末涼子の約17年振りとなる主演ドラマ。監督を堤幸彦、脚本をドラマ『ちゅらさん』『最後から二番目の恋』や映画『阪急電車』の岡田恵和が担当する。

広末は“STARMANN”について「YUKIちゃんの声だけできゅんとさせられるのに、不安や願いや、言葉にできない恋する女子のキモチを力強く歌いあげてくれるこの曲の世界観に引き込まれました」と共感のコメントを寄せており、堤監督も「岡田さんの奇想天外なストーリーにYUKIさんの超強力POPなテーマ曲!最強です!いつも車でヘビロテしている隠れファンとして奮い立ちます!」と興奮を露わにしている。

作品情報

『スターマン・この星の恋』

2013年7月9日(火)から関西テレビ、フジテレビ系でスタート
監督:堤幸彦
脚本:岡田恵和
主題歌:YUKI“STARMANN”
出演:
広末涼子
福士蒼汰
小池栄子
有村架純
石井正則
KENCHI(EXILE)
山田裕貴
本田大輔
村松利史
モト冬樹
大西流星
黒田博之
五十嵐陽向
吉行和子
國村隼

 

(画像:YUKI)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら