ニュース

吉田大八×本谷有希子による舞台『ぬるい毒』、キャストなど詳細判明

映画『桐島、部活やめるってよ』の監督・脚本を務めた吉田大八が、本谷有希子の小説『ぬるい毒』を舞台化することがわかった。

2011年に刊行された小説『ぬるい毒』は、『第33回野間文芸新人賞』を受賞した作品。ある夜に突然電話をかけてきた自称同級生・向伊の嘘にのめり込んでいく主人公・熊田の5年間が描かれる。吉田大八脚本・演出による今回の舞台は「劇団、本谷有希子」の番外公演として上演され、熊田役を夏菜、向伊役を池松壮亮が演じる。

2007年の劇場映画デビュー作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』でも本谷作品を手掛けた吉田は、同作について「そもそもこれは無理筋かもしれない。でも仕掛けられた罠があまりにも魅力的なのでつい引っかかってみたくなりました。激痛に耐え、罠ごと引き摺り回す勢いでみんな地獄へ道連れです。よろしくお願いします」とコメント。

また、原作の本谷は「ぬるい毒は『舞台化不可能』な小説です。だから考え直してもらいたいと、私は吉田監督に何度も説得にあたりました。もし監督が成立させてしまえば、私は自分の目が節穴であったことを認めなければなりません。自分の存在にかけて、この小説を魅力的な舞台にされては困ります!」とのコメントを発表している。

同作は9月13日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演。チケット一般発売は7月27日からスタートする。

CINRA.NETでは、東京・新宿紀伊國屋ホールで行われる舞台『ぬるい毒』の2013年9月19日(木)19:00公演に3組6名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選の発表は、当選者様のみ9月17日までにご連絡いたします(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年9月16日)

イベント情報

『ぬるい毒』

2013年9月13日(金)~9月26日(木)
会場:東京都 新宿 紀伊國屋ホール
脚本・演出:吉田大八
原作:本谷有希子『ぬるい毒』(新潮社)
出演:
夏菜
池松壮亮
ほか

(画像上:熊田役を演じる夏菜、画像下:向伊役を演じる池松壮亮)

熊田役を演じる夏菜
熊田役を演じる夏菜
向伊役を演じる池松壮亮
向伊役を演じる池松壮亮
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年