ニュース

よしもとばななの下北沢限定小冊子シリーズ『下北沢について』が刊行開始

よしもとばななによる小冊子シリーズ『下北沢について』が、本日8月31日から順次刊行される。

『下北沢について』は、下北沢の書店「本屋B&B」が手掛ける初の出版プロジェクト。下北沢の街を訪れ、実際に魅力に触れてもらうことを目的に掲げ、年4回全12回の刊行が予定されている。販売は本屋B&Bを中心に、下北沢の店舗限定で行われるとのこと。

また、下北沢在住のよしもとばななによる「みんなが下北沢にもまだまだいいところがあるよと思ってくれるような、小さな空間ごと創りたい」という発案から、装画の大野舞、装幀の大西隆介(direction Q)、編集の内沼晋太郎(numabooks、B&B)、校正の大西寿男まで、制作チーム全員が下北沢在住もしくは在勤となる。

書籍情報

『下北沢について1』

2013年8月31日発行
著者:よしもとばなな
発行:B&B

(画像:よしもとばなな『下北沢について1』表紙)

よしもとばなな『下北沢について1』表紙
よしもとばなな『下北沢について1』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)