ニュース

横尾忠則の多彩な作品群から「昭和」を読み解く『横尾忠則の「昭和NIPPON」』展

『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』展が、11月4日まで青森・青森県立美術館で開催されている。

デザイン、イラスト、絵画、版画など、ジャンルを越えた活動をしている横尾忠則。これまでに横尾が発表してきた作品に繰り返し登場する主題が形づくる表象に着目し、横尾が駆け抜けた「昭和」という時代を紹介する同展では、印刷物原稿やアイデアスケッチ、ポスター原画、イラスト原稿、直筆原画なども含めて展示されているほか、横尾が装幀を手掛けた書籍約500点もあわせて紹介している。

会期中には、横尾の人物画に着目するワークショップ『横尾忠則になりきる』や、寺山修司、唐十郎、澁澤龍彦らから1960年代から70年代の日本のアバンギャルドを総括する『県美土曜ゼミ「寺山修司と日本のアヴァンギャルド」』、横尾忠則が主演した映画『新宿泥棒日記』など大島渚作品の特集上映『シアター:大島渚監督特集』などの関連イベントが開催される。


イベント情報

『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』

2013年9月7日(土)~11月4日(月・祝)
会場:青森県 青森県立美術館
時間:9:00~18:00(10月1日からは9:30~17:00)※入館は閉館の30分前まで
休館日:9月24日(火)、10月15日(火)
料金:一般1,000円 高大生600円 小中生200円

『県美土曜ゼミ「横尾忠則の昭和NIPPON」』
2013年9月14日(土)13:30~15:00
会場:青森県 青森県立美術館
定員:30人(事前申込み不要)
料金:無料
※『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』チケット必要

『なりきりワークショップ「横尾忠則になりきる」』
2013年9月21日(土)13:30~16:30
会場:青森県 青森県立美術館ワークショップA
対象:小学校高学年以上
定員:20人(定員に達し次第締め切り)
料金:無料
※描きたい人の写真を各自お持ちください

『県美土曜ゼミ「寺山修司と日本のアヴァンギャルド」』
2013年10月12日(土)13:30~15:00
会場:青森県 青森県立美術館
定員:30人(事前申込み不要)
料金:無料

『シアター:大島渚監督特集』
2013年10月19日(土)
会場:青森県 青森県立美術館シアター
上映作品:
『新宿泥棒日記』
『東京戦争戦後秘話』
『儀式』
定員:200人(事前申込み不要)
料金:無料
※『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』チケット必要(半券可)

(画像上から:横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵、横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵、横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵、横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵、横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵)

横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵
横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵
横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵
横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵
横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵
横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵
横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵
横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵
横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵
横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ