ニュース

横尾忠則の多彩な作品群から「昭和」を読み解く『横尾忠則の「昭和NIPPON」』展

『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』展が、11月4日まで青森・青森県立美術館で開催されている。

デザイン、イラスト、絵画、版画など、ジャンルを越えた活動をしている横尾忠則。これまでに横尾が発表してきた作品に繰り返し登場する主題が形づくる表象に着目し、横尾が駆け抜けた「昭和」という時代を紹介する同展では、印刷物原稿やアイデアスケッチ、ポスター原画、イラスト原稿、直筆原画なども含めて展示されているほか、横尾が装幀を手掛けた書籍約500点もあわせて紹介している。

会期中には、横尾の人物画に着目するワークショップ『横尾忠則になりきる』や、寺山修司、唐十郎、澁澤龍彦らから1960年代から70年代の日本のアバンギャルドを総括する『県美土曜ゼミ「寺山修司と日本のアヴァンギャルド」』、横尾忠則が主演した映画『新宿泥棒日記』など大島渚作品の特集上映『シアター:大島渚監督特集』などの関連イベントが開催される。


イベント情報

『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』

2013年9月7日(土)~11月4日(月・祝)
会場:青森県 青森県立美術館
時間:9:00~18:00(10月1日からは9:30~17:00)※入館は閉館の30分前まで
休館日:9月24日(火)、10月15日(火)
料金:一般1,000円 高大生600円 小中生200円

『県美土曜ゼミ「横尾忠則の昭和NIPPON」』
2013年9月14日(土)13:30~15:00
会場:青森県 青森県立美術館
定員:30人(事前申込み不要)
料金:無料
※『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』チケット必要

『なりきりワークショップ「横尾忠則になりきる」』
2013年9月21日(土)13:30~16:30
会場:青森県 青森県立美術館ワークショップA
対象:小学校高学年以上
定員:20人(定員に達し次第締め切り)
料金:無料
※描きたい人の写真を各自お持ちください

『県美土曜ゼミ「寺山修司と日本のアヴァンギャルド」』
2013年10月12日(土)13:30~15:00
会場:青森県 青森県立美術館
定員:30人(事前申込み不要)
料金:無料

『シアター:大島渚監督特集』
2013年10月19日(土)
会場:青森県 青森県立美術館シアター
上映作品:
『新宿泥棒日記』
『東京戦争戦後秘話』
『儀式』
定員:200人(事前申込み不要)
料金:無料
※『横尾忠則の「昭和NIPPON」―反復・連鎖・転移』チケット必要(半券可)

(画像上から:横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵、横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵、横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵、横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵、横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵)

横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵
横尾忠則『歯みがき』 1966年頃 アクリル・キャンバス 72.5×60.5cm 東京都現代美術館蔵
横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵
横尾忠則『愛の回想』 1994年 アクリル・キャンバス 182.0×227.4cm 作家蔵
横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵
横尾忠則『戦後』 1985年 シルクスクリーンによる釉薬・セラミック+磯崎新によるフレーム 240.0×240.0cm 原美術館蔵
横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵
横尾忠則『業』1985年頃 アクリル・板 180.0×120.0cm 横尾忠則現代美術館蔵
横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵
横尾忠則『神風恍惚切根之図』平凡パンチ(原画、色指定紙) 1968年 インク・紙 カラーインク、カラーチップ・トレーシングペーパー 50.4×30.3cm 作家蔵
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場