ニュース

大森靖子が「すべての女子を肯定する」新アルバム『絶対少女』、ハロプロカバーも収録

大森靖子のニューアルバム『絶対少女』が、12月11日にリリースされる。

今年3月に1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』をリリースし、5月には東京・渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブを成功させた大森靖子。アイドル音楽のイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013』への出演や週刊誌『フライデー』での連載、ジャンルや規模を問わない様々なイベントへの出演など、多岐にわたる活動を展開している。

今年2枚目のフルアルバムとなる同作は、直枝政広(カーネーション)がプロデュースを担当。制作にあたって「すべての女子を肯定したいと思った」と大森自身が語る同作には、モーニング娘。の道重さゆみを賛美した“ミッドナイト清純異性交遊”、タンポポのカバー“I&YOU&I&YOU&I”など、ハロー!プロジェクトをはじめとする女性アイドルを愛する大森らしい楽曲も収められる。

ゲストミュージシャンには、奥野真哉(Key / ソウル・フラワー・ユニオン) 、tatsu(Ba / レピッシュ)、久下恵生(Dr)、梅津和時(Sax)、メダタク(オワリカラ / Programming)、前越啓輔(Dr / おとぎ話)、タカ吉田(Ba)、山本哲也(Key)が名を連ねている。

リリース情報

大森靖子
『絶対少女』(CD)

2013年12月11日発売
価格:2,500円(税込)
PINK RECORDS / PINK-004

1. 絶対彼女
2. ミッドナイト清純異性交遊
3. エンドレスダンス
4. あまい
5. Over The Party
6. 少女3号
7. プリクラにて
8. PS
9. hayatochiri
10. W
11. 展覧会の絵
12. 青い部屋
13. あれそれ
14. 君と映画
15. I&YOU&I&YOU&I

大森靖子、ナカG
マグカップ「魔法が使えないならマグカップ」

価格:1,890円(税込)
大森靖子が癒し系キャラクターに>

CINRA STOREで購入する

大森靖子、ナカG
トートバッグS「魔法が使えないならミニトート」

価格:1,890円(税込)
大森靖子が癒し系キャラクターに>

CINRA STOREで購入する

(画像:大森靖子)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで