ニュース

現実と記憶が交錯、世界各国を旅する現代美術家ダレン・アーモンドの個展

現代美術家ダレン・アーモンドの個展『ダレン・アーモンド 追考』が、11月16日から茨城・水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催される。

イギリス・ロンドン在住のダレン・アーモンドは、写真や映像、時計といった素材を使い、現実と記憶が交錯する作品を制作するアーティスト。世界各国を旅して、古代遺跡や産業遺跡、自然などの風景を、文明化における人間の営みの威厳や儚さを呼び起こす作品へと昇華させる作風でも知られる。

同展では、1999年から現在までのアーモンドの様々な取り組みを紹介。京都の比叡山で厳しい修行にのぞむ僧侶に伴走しながら撮影した映像をもとにしたインスタレーション『Sometimes Still』、夜明けの最初の日の光で比叡山を撮影した『Civil Dawn@Mt. Hiei』、茨城の桜を撮影したシリーズ写真『Day for Night』、大型映像インスタレーション『All Things Pass』、400個以上の時計を使った近年の代表作『Tide』、シベリアで撮影した映像から制作した新作『Less Than Zero』が展示される。

会期初日の11月16日にはアーモンドが作品や展覧会について語るアーティストトークが開催されるほか、同展の関連展示としてドローイングや写真、ファウンドフッテージといった素材を用いて、実験的な制作活動を行っている5人の日本人作家の作品を紹介する『再/生―映像が呼び覚ます第六感覚』なども開催される。

イベント情報

『ダレン・アーモンド 追考』

2013年11月16日(土)~2014年2月2日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場時間は17:30まで)
休館日:月曜、冬季休館は12月27日から2014年1月3日まで(12月23日、1月13日は開館、翌火曜は休館)
料金:一般800円 前売・団体600円

アーティストトーク
2013年11月16日(土)14:00~15:30(開場13:30)
会場:茨城県 水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:先着80名
※英日逐次通訳付き

キュレータートーク
2013年11月23日(土・祝)15:00~16:00
※参加ご希望者はギャラリー入口に集合

イベント情報

ダレン・アーモンド 追考 関連企画 シングルチャンネルプログラム展示
『再/生―映像が呼び覚ます第六感覚』

2013年12月14日(土)~2014年2月2日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
時間:13:00~18:00(最終入場時間は17:30、ただし2014年1月18日の上映時間は10:00~12:00)
参加作家:
石田尚志
小瀬村真美
志賀理江子
南隆雄
宮永亮

(画像上から:『Civil Dawn@Giverny』2012年, Courtesy Jay Jopling White Cube, London / the artist、『Rauschenberg's Mantle Piece』2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist、『Traction』1999年 (展示風景), Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / Jay Jopling White Cube, London / the artist、『Chance Encounter 004』 2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist)

ダレン・アーモンド『Civil Dawn@Giverny』2012年, Courtesy Jay Jopling White Cube, London / the artist
ダレン・アーモンド『Civil Dawn@Giverny』2012年, Courtesy Jay Jopling White Cube, London / the artist
ダレン・アーモンド『Rauschenberg's Mantle Piece』2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist
ダレン・アーモンド『Rauschenberg's Mantle Piece』2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist
ダレン・アーモンド『Traction』1999年 (展示風景), Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / Jay Jopling White Cube, London / the artist
ダレン・アーモンド『Traction』1999年 (展示風景), Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / Jay Jopling White Cube, London / the artist
ダレン・アーモンド『Chance Encounter 004』 2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist
ダレン・アーモンド『Chance Encounter 004』 2012年, Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / the artist
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告