ニュース

タイプディレクター小林章が世界の街頭文字を観察&紹介する書籍『まちモジ』

街頭の文字を観察した書籍『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』が、本日11月7日に刊行された。

2011年刊行の『フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?』に続くシリーズ第2弾となる同書では、日本の標識や看板に丸ゴシックが多く使用されている点に着目。外国の標識との比較や、手書き看板職人への取材を通じて秘密に迫っていく。また、ヨーロッパや北南米、アジアで集めた街中の文字をはじめ、マクドナルドや航空会社で使われているフォントなど身の回りの文字を観察し、約350点の写真を織りまぜながら紹介していく。なお、ブックデザインは祖父江慎、鯉沼恵一(共にcozfish)が手掛けている。

著者の小林章は、ヒラギノ明朝の欧文やAXISフォントの欧文などを設計したことでも知られるタイプディレクター・書体デザイナー。現在はドイツに在住し、ライノタイプ社(2013年に社名をモノタイプに変更)のタイプディレクターとして活動しているほか、欧米やアジアでのフォントデザインワークショップ、タイプフェイスデザインコンテンストの審査員なども務めている。


書籍情報

『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』

2013年11月7日発売
著者:小林章
価格:2,100円(税込)
発行:グラフィック社

amazonで購入する

(画像上:『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』表紙、画像2枚目から:『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より)

『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』表紙
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』表紙
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも 1

    『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも

  2. サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由 2

    サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由

  3. 吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当 3

    吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当

  4. 西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら 4

    西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら

  5. カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在 5

    カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在

  6. ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌 6

    ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌

  7. 石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送 7

    石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送

  8. 山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」 8

    山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」

  9. Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開 9

    Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開

  10. 遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌 10

    遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌