ニュース

銀杏BOYZから安孫子真哉とチン中村が脱退

銀杏BOYZから、安孫子真哉(Ba)とチン中村(Gt)が脱退することが発表された。

同バンドのオフィシャルサイトでは、ニューアルバムの完成と共に、我孫子と中村の脱退が報告されている。なお、同バンドは今後も活動を続けていくとのこと。

前身バンドのGOING STEADYにも所属していた安孫子は、「銀杏BOYZのニューアルバムがやっと完成し、本当に嬉しいです。そして今作品の完成を目前にして私は力尽きてしまい、脱退する事に至りました。沢山の人達のおかげで得難い喜び、熱狂と爆笑の日々を過ごす事が出来ました。どうもありがとうございました!」とコメント。

銀杏BOYZ結成時から参加してきた中村は「2003年から現在まで、僕は銀杏BOYZのメンバーとしてチームの中で教えられ、鍛えられ、みんなと一緒に成長してきました。この10年間は、僕の生きている証でした。しかし、ここ数年のレコーディングの中で、銀杏BOYZでいるための力を使い果たしました。新しい音源には、これまでのすべてが詰まっています」と想いを明かしている。

※掲載画像を変更しました(2013年11月20日)

(画像:銀杏BOYZ(写真左から:村井守、チン中村、峯田和伸、安孫子真哉))

銀杏BOYZ(写真左から:村井守、チン中村、峯田和伸、安孫子真哉)
銀杏BOYZ(写真左から:村井守、チン中村、峯田和伸、安孫子真哉)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー