ニュース

女性同士の一途な愛を描くカンヌ最高賞作『アデル、ブルーは熱い色』、4月に日本公開

今年の『カンヌ国際映画祭』で最高賞にあたるパルムドールを獲得したフランス映画『アデル、ブルーは熱い色』が、4月5日から東京・新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

ジュリー・マロによるコミック作品『Blue is the warmest color』を原作にした同作は、青い髪の女流画家エマと運命的に出会い、一途な愛を貫く女性アデルの情熱的な人生を、大胆かつ繊細なラブシーンなども織り交ぜながら描いた作品だ。

『第66回カンヌ国際映画祭』ではメガホンをとったアブデラティフ・ケシシュ監督だけでなく、アデル役を演じたアデル・エグザルコプロス、エマ役を演じたレア・セドゥにも特別にパルムドールが贈られたことでも話題を集めた。また、コミック作品を原作とする作品がパルムドールを獲得したのは今回が初めてとのこと。さらに同作は、12月4日に発表された『第80回ニューヨーク批評家協会賞』の外国映画賞にも輝いている。

『アデル、ブルーは熱い色』試写会にご招待

4月1日(火)18:40(開場18:20)から東京・中野ZEROホール(小)(中野区中野2-9-7 西館)で行われる『アデル、ブルーは熱い色』試写会に5組10名様をご招待いたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年3月24日)

※記事掲載時、公開日に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『アデル、ブルーは熱い色』

2014年4月5日(土)から新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:アブデラティフ・ケシシュ
原作:ジュリー・マロ
出演:
レア・セドゥ
アデル・エグザルコプロス
サリム・ケシュシュ
モナ・ワルラヴェン
ほか
配給:コムストック・グループ

(画像:©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS)

『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』 ©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで