ニュース

宮本亜門演出の舞台版『金閣寺』が再演、主人公・溝口役は柳楽優弥

宮本亜門演出による舞台『金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-』が、4月5日から東京・赤坂ACTシアターで再演されることがわかった。

同作は、三島由紀夫の小説『金閣寺』をもとにした作品。2011年に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場のこけら落とし公演として初演されたのち、ニューヨークで行われた舞台芸術の祭典『リンカーンセンター・フェスティバル2011』に正式招待された。

今回の再演では、生まれつき吃音であることから疎外感に悩まされて育った主人公・溝口役に柳楽優弥を起用。柳楽は2012年に上演された村上春樹原作、蜷川幸雄演出による舞台『海辺のカフカ』で主人公・田村カフカ役を演じて以来、2度目の舞台出演となる。チケット一般発売は3月1日からスタート。

宮本亜門のコメント

また「金閣寺」を再演させて頂くことになりました。柳楽優弥さんの舞台は拝見していてとても魅力的だったので、是非溝口をやって欲しいと思っていたのですが、初めてお会いした時「まさに溝口!」という印象だったので、ガラス細工のように繊細で大胆で芯がある溝口をやってもらえるということで、これは面白くなる!と確信しました。作品に登場する溝口や、柏木、鶴川という若者たちはマイノリティであったり、人とは違う個性があったりしますが、周りと違う生き方があるからこそ今の時代に必要なのだと、若者たちの生の声というものを「金閣寺」を通して、三島の言葉を通して伝えたいと思います。「金閣寺」は、大胆で、斬新で、若々しい作品ですので、新しいキャストと新しい意気込みでさらにグレードアップして、皆様の心に、体に伝わる作品を作ります。「金閣寺」はいつまでも不滅です!

柳楽優弥のコメント

舞台は2度目ですが、今は楽しみの気持ちが強いです。宮本亜門さんは初めてお会いした時に「楽しみましょう」と言って頂いて、嬉しかったですしすごく話しやすい方だなという印象です。「金閣寺」は原作も読みましたが、溝口は言葉を発する前に頭の中で色々と考えていて、その考えるスピードが速いんですけど、外の世界になかなか馴染めない感じなど共感する部分がたくさんありました。そういった外の世界に馴染めないという、三島由紀夫の言葉で言うところの「鍵が錆びてて」ということが全ての始まりだと思いますので、そこは大事にしていきたいです。「金閣寺」は三島由紀夫の大人気の小説ですが、いい意味で期待を裏切れるよう、溝口に対して誠意を持って演じられるように頑張ります。

イベント情報

『金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-』

2014年4月5日(土)~4月19日(土)
会場:東京都 赤坂ACTシアター
演出:宮本亜門
原作:三島由紀夫
出演:柳楽優弥
ほか

(画像:左から宮本亜門、柳楽優弥)

左から宮本亜門、柳楽優弥
左から宮本亜門、柳楽優弥
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら