ニュース

ドイツ女性翻訳家の数奇な半生を静謐に描くドキュメンタリー、岸本佐知子のトークも

ある女性翻訳家の半生を捉えたドキュメンタリー映画『ドストエフスキーと愛に生きる』が、2月22日から東京・渋谷のアップリンク、シネマート六本木ほか全国で順次公開される。

同作では、ロシアの文豪ドストエフスキーの作品を翻訳し続けたドイツの翻訳家スヴェトラーナ・ガイヤーの半生を追った作品。1923年にウクライナ・キエフで生まれ、スターリン政権下で少女時代を過ごし、ナチス占領下でドイツ軍の通訳として激動の時代を生き抜いた彼女がドストエフスキー作品を翻訳し続けた理由や、一切の妥協を許さない仕事から紡がれる美しい言葉、ドイツでの静かな日常風景などを通じて、1人の女性の数奇な人生を描き出す。

なお、翻訳家・岸本佐知子によるトークショーが、3月2日に東京・渋谷のアップリンクで開催。参加予約はアップリンクのオフィシャルサイトで受付中だ。

作品情報

『ドストエフスキーと愛に生きる』

2014年2月22日(土)からアップリンク、シネマート六本木ほか全国で順次公開
監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ
出演:
スヴェトラーナ・ガイヤー
アンナ・ゲッテ
ハンナ・ハーゲン
ユルゲン・クロ
配給:アップリンク

イベント情報

『「ドストエフスキーと愛に生きる」×文芸フェスサテライトイベント ~翻訳家のドキュメンタリーを通して考える、翻訳の魅力と難しさ、物語を伝えるという事~』

2014年3月2日(日)12:45の回『ドストエフスキーと愛に生きる』上映後
会場:東京都 渋谷 アップリンク
出演:岸本佐知子(翻訳家)
料金:1,600円

(画像:『ドストエフスキーと愛に生きる』)

『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
『ドストエフスキーと愛に生きる』
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生