ニュース

『東京国際文芸フェス』が今年も開催、50超のイベントに国内外作家陣が参加

文芸イベント『東京国際文芸フェスティバル2014』が、2月28日から東京都内の各会場で開催される。

海外と日本の作家や編集者、ブックデザイナーらが様々なテーマで語りあうトークや朗読イベントから構成される『東京国際文芸フェスティバル』。昨年に続く2度目の開催となる今回は、前回の3日間から10日間へと期間を拡大するほか、各国語版が発売されている文芸誌『Granta』の日本特集と日本版創刊記念イベントなど、同祭の主催および共催イベントに加えて、自主企画による約40の自主企画イベントも行われる。

参加者には、『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』などで知られる『ピューリッツァー賞』作家のジェフリー・ユージェニデスと『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』で知られる同じく『ピューリッツァー賞』作家のジュノ・ディアズ、映画『クラウド アトラス』の原作者デイヴィッド・ミッチェルら10か国の海外作家が名を連ねている。また、国内からは川上未映子、平野啓一郎、円城塔、中島京子、西加奈子、本谷有希子、柴崎友香、柴田元幸、江國香織、堀江敏幸、マームとジプシーらが参加する。全イベントの詳細や申込状況はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『東京国際文芸フェスティバル2014』

2014年2月28日(金)~3月9日(日)
会場:東京都内各所

『東京国際文芸フェスティバル2014オープニング!』
2014年2月28日(金)18:30~
会場:東京都 新宿 紀伊國屋サザンシアター
出演:
ジュノ・ディアス
ネイサン・イングランダー
アレクサンダー・ヘモン
エトガー・ケレット
松家仁之
西加奈子
ジョン・フリーマン
市川真人
デボラ・トリースマン
ほか
定員:400名(要予約)
料金:無料

『短編小説で学ぶ「失恋入門」』
2014年3月1日(土)18:30~
会場:東京都 渋谷 タワーレコードカフェ
出演:
エトガー・ケレット
ジュノ・ディアス
本谷有希子
江國香織
都甲幸治
ほか
定員:80名(要予約)
料金:無料(ドリンク別)

『Monkey Business 第4号刊行イベント』
2014年3月2日(日)18:30~
タイトル:
会場:東京都 御茶ノ水 Cafe104.5
出演:
ブライアン・エヴンソン
デイヴィッド・ピース
柴崎友香
柴田元幸
ほか
定員:80名(要予約)
料金:無料(ドリンク別)

『「どうかいてんねん?」ジョン・クラッセンと長谷川義史の絵本の世界』
2014年3月5日(水)19:00~
会場:東京都 青山 カナダ大使館
出演:
ジョン・クラッセン
長谷川義史
幅允孝
ほか
定員:150名(要予約)
料金:無料

『今、アジアで「文学する」こと』
2014年3月6日(木)18:30~
会場:東京都 麻布十番 国際文化会館
出演:
タッシュ・オー
キム・ヨンス
ウティット・ヘーマムーン
中島京子
平野啓一郎
ほか
定員:180名(要予約)
料金:無料

『六本木BUNGEIナイト!』
2014年3月7日(金)18:30~
会場:東京都 六本木 アカデミーヒルズ・タワーホール
出演:
ロバート・キャンベル
デイヴィッド・ミッチェル
ルース・オゼキ
ジェフリー・ユージェニデス
小野正嗣
ほか
定員:400名(要予約)
料金:無料

『GRANTA JAPAN 創刊イベント!』
2014年3月8日(土)18:00~
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
デイヴィッド・ミッチェル
村田沙耶香
円城塔
ルース・オゼキ
市川真人
辛島デイヴィッド
タッシュ・オー
デイヴィッド・ピース
アナ・フアン
ルシア・プエンソ
ほか
定員:200名(要予約)
料金:無料(ドリンク別)

『東京国際文芸フェスティバル2014クロージング!』
2014年3月9日(日)16:00~
会場:東京都 早稲田大学 27号館 小野梓記念館 地下2階
出演:
ジェフリー・ユージェニデス
ジュノ・ディアス
堀江敏幸
川上未映子
ルシア・プエンソ
ルース・オゼキ
マームとジプシー
ほか
定員:150名(要予約)
料金:無料

(画像:『東京国際文芸フェスティバル2014』ポスタービジュアル)

『東京国際文芸フェスティバル2014』ポスタービジュアル
『東京国際文芸フェスティバル2014』ポスタービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る