ニュース

演劇から復興探る『I-Play Fes』にマームとジプシー、青年団、□□□三浦&村田ら参加

『I-Play Fes 2014 ~演劇からの復興~ いわき演劇まつり』が、福島・いわきアリオスなど4会場で3月20日から22日にかけて開催される。

原子力災害による帰宅困難区域からの被災者を多く受け入れているいわき市を舞台に、昨年からスタートした『I-Play Fes』。「学ぶ」「育てる」「つながる」をコンセプトに、次世代を担うであろう中学生や高校生にイベントの企画および参加運営を体験する場を設けるほか、作品上演、ワークショップ、講義、シンポジウムを実施することで、演劇がいわきのコミュニティーに何ができるかという可能性を探るために行われている。なお、高校生以下は事前予約で全演目を無料で鑑賞することが出来る。

上演作品は、青年団による平田オリザ作・演出のアンドロイド演劇『さようなら』、平田オリザが宮沢賢治作品を戯曲化した『銀河鉄道の夜』、マームとジプシーによるボクシングをテーマにしたスポーツ演劇『Rと無重力のうねりで』、いわき総合高校演劇部『あひる月13』。また、20分以内の戯曲であることや登場人物が3人以内であることなどの制約を設ける短編演劇コンペティション『劇王っぽいのII』では、昨年のチャンピオン「大信ペリカン」と挑戦者が戦いを繰り広げる予定だ。

さらに、小説家の川上未映子がテキストを手掛けた、マームとジプシーの一人芝居『まえのひ』の上演、□□□の三浦康嗣と村田シゲらを招いたトーク&ライブ『わが星夜話』などの開催を予定。いわき市民と福島県内の他地域交流を演劇通して行うだけでなく、他県から来場する観客にいわきの現在を体感してもらうことを目指す。

イベント情報

『I-Play Fes 2014 ~演劇からの復興~ いわき演劇まつり』

2014年3月20日(木)~3月22日(土)
会場:福島県 いわき芸術文化交流館アリオス、MUSIC & Bar Queen、アートスタジオ もりたか屋、La Stanza(ラ・スタンツァ)

プログラム:
青年団 アンドロイド演劇 『さようなら』(作・演出:平田オリザ アンドロイド開発:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室))
青年団『銀河鉄道の夜』(原作:宮沢賢治 作・演出:平田オリザ)
マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』(作・演出:藤田貴大)
いわき総合高校演劇部『あひる月13』(原案:いわき総合高校演劇部、脚本・構成・演出:いしいみちこ)
短編演劇コンペティション『劇王っぽいのⅡ』
トーク&ライブ『わが星夜話』(出演:三浦康嗣(□□□)、村田シゲ(□□□)ほか)
マームとジプシー 一人芝居
『まえのひ』他(テキスト:川上未映子、演出:藤田貴大)
※上演日、会場はオフィシャルサイト参照

(画像上から:マームとジプシー『モモノパノラマ』2013年11月 ©橋本倫史、青年団『さようなら』、青年団『銀河鉄道の夜』、いわき総合高校演劇部『あひる月13』 ©大倉英輝)

マームとジプシー『モモノパノラマ』2013年11月 ©橋本倫史
マームとジプシー『モモノパノラマ』2013年11月 ©橋本倫史
青年団『さようなら』
青年団『さようなら』
青年団『銀河鉄道の夜』
青年団『銀河鉄道の夜』
いわき総合高校演劇部『あひる月13』 ©大倉英輝
いわき総合高校演劇部『あひる月13』 ©大倉英輝
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く