ニュース

京都の町家や寺社が舞台の写真祭『KYOTOGRAPHIE』に高谷史郎、W・ビショフら

春の京都を舞台にした国際写真フェスティバル『KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル2014』が、4月19日から京都市内の各会場で開催される。

京都の歴史や文化、自然の多様さを反映した町家や世界遺産の寺社などを会場に選び、国内外の写真家の作品を展示する『KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル』。2回目となる今回は「Our Environments~私たちを取りまく環境~」をテーマに、身近な光景から宇宙規模のものまで様々な環境について写真を通して考察することを目指すという。

京都文化博物館別館ではNASAの調査衛星が撮影した日本で初公開される火星の地表の写真を、高谷史郎のインスタレーションによって公開するほか、京町家の無名舎ではワーナー・ビショフが戦後日本の復興期をとらえた写真作品を展示。また、有斐斎弘道館ではフランスの雑誌『Le Monde』が選んだ日本の現代写真家13人が東京の自然を撮り下ろした企画『ネイチャー・イン・トーキョー』の出版と連動して、川内倫子、ホンマタカシ、石川直樹、志賀理江子、川島小鳥らの作品を展示するなど、京都市内の15会場で様々な展覧会が行われる。

さらに会期中は、参加アーティストのトークをはじめとするパブリックプログラムも開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル2014』

2014年4月19日(土)~5月11日(日)
会場:京都府 京都文化博物館 別館、京都駅ビル7階東広場、龍谷大学大宮学舎本館、ASPHODEL、誉田屋源兵衛 黒蔵、虎屋 京都ギャラリー、無名舎、下鴨神社細殿、嶋臺(しまだい)ギャラリー、有斐斎 弘道館、アンスティチュ・フランセ関西、京都芸術センター、無鄰菴
参加作家:
高谷史郎
瀧澤明子
西野壮平
広川泰士
ワーナー・ビショフ
ティム・フラック
スタンリー・グリーン
アンヌ・ドゥ・ヴァンディエール
荒木経惟
石川直樹
伊丹豪
川内倫子
川島小鳥
喜多村みか
木村肇
草なぎ裕
志賀理江子
高木康行
田附勝
ホンマタカシ
ほか

(画像上:Barkhanes in the crater zone, from Mars, a photographic exploration © NASA / JPL / The University of Arizona / Éditions Xavier Barral、画像中:Royal White Tiger ©Tim Flach、画像下:下鴨神社細殿 ©2014 Naoyuki Ogino)

Barkhanes in the crater zone, from Mars, a photographic exploration © NASA / JPL / The University of Arizona / Éditions Xavier Barral
Barkhanes in the crater zone, from Mars, a photographic exploration © NASA / JPL / The University of Arizona / Éditions Xavier Barral
Royal White Tiger ©Tim Flach
Royal White Tiger ©Tim Flach
下鴨神社細殿 ©2014 Naoyuki Ogino
下鴨神社細殿 ©2014 Naoyuki Ogino
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い