旧約聖書「ノアの箱舟」がスペクタクル映画に、アロノフスキー監督『ノア 約束の舟』

ダーレン・アロノフスキー監督の新作映画『ノア 約束の舟』が、6月13日から東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇1ほか全国で公開される。

旧約聖書に記載されている物語のひとつ『ノアの箱舟』を映画化した『ノア 約束の舟』。堕落した人間を滅ぼすために大洪水で地上から全てを消し去り、新たな世界を創造するという神のお告げを受けたノアが、家族と共に罪のない動物を守るために箱舟を作るという聖書の話をもとに、箱舟を奪おうとする宿敵との戦いや洪水に飲み込まれていく中でノアが神から託された使命を打ち明ける様などを描く。

監督は、『ブラック・スワン』で『アカデミー賞』監督賞にノミネートされたダーレン・アロノフスキー。主役のノアをラッセル・クロウが演じるほか、ノアの妻役をジェニファー・コネリー、ノアの祖父役をアンソニー・ホプキンスが演じる。さらにエマ・ワトソンやローガン・ラーマン、ダグラス・ブースらもキャストに名を連ねている。

ラッセル・クロウは同作への出演について「ノアの箱舟伝説を映画にするのは、大きな責任が伴うし、出演は慎重に検討するつもりだったんだ。でも監督と話し、脚本を読み、ビジュアルを見て、これは出演しない訳にはいかないと思ったんだよ!ノアの箱舟のセットは(伝説通りに)三階建てで圧巻だった。あそこまで大きなものになるとは思っていなかったので驚いたね。CGで撮影することもできたけれど、実際にセットを組んで撮影できて、特別なものになったと思うよ」とコメントしている。

作品情報

『ノア 約束の舟』

2014年6月13日(金)からTOHOシネマズ日劇1ほか全国ロードショー
監督・製作:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:
ラッセル・クロウ
ジェニファー・コネリー
レイ・ウィンストン
エマ・ワトソン
アンソニー・ホプキンス
ローガン・ラーマン
ダグラス・ブース
配給:パラマウントピクチャーズジャパン

(画像上から:『ノア 約束の舟』 Photo Credit: Niko Tavernise ©2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.、画像下:『ノア 約束の舟』 Photo Credit: Niko Tavernise ©MMXIII Paramount Pictures Corporation and Regency Entertainment (USA) Inc. All Rights Reserved.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 旧約聖書「ノアの箱舟」がスペクタクル映画に、アロノフスキー監督『ノア 約束の舟』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて